1. ホーム
  2. 防災・安全>
  3. 防災・消防>
  4. 防災情報>
  5. 「災害時の分散避難と感染症対策」について検討しましょう!

防災・安全

「災害時の分散避難と感染症対策」について検討しましょう!

集中豪雨や台風のシーズンがやってきました。

常日頃から防災に対する関心を寄せ、台風や地震などの大災害時にどのような行動をとったら良いのかを事前に検討しておき必要な防災用品や食料品などを備えておくことが大切です。

そして、新型コロナウイルス感染症の大流行により、これまで以上に、風水害や地震など災害発生時に開設する避難所での感染症拡大の危険性が危惧されています。それは、避難所に、一度に大勢の避難者が集まることにより、避難所内が3つの密(密閉、密集、密接)になりやすく、感染症の集団感染が起こりやすい環境になってしまうからです。

これを避けるためには、避難先として避難所だけでなく、「在宅避難」や親せき宅、知人宅などへ避難する「分散避難」を基本として、市民お一人お一人が取り組みを進めていくことが重要です。
以下に示す項目を参考にして、災害時の分散避難と感染症対策について、備えを進めましょう。

 

災害が起きる前に

1「行方市ハザードマップ」を確認しよう!

行方市防災ハザードマップには、洪水や地震などの災害が発生した際に取るべき行動や、災害が発生する前に取るべき行動、指定緊急避難場所一覧など、災害時に役立つ情報を示しています。
また、霞ヶ浦や北浦を対象として、想定し得る最大規模の降雨によって河川が氾濫した場合に想定される浸水範囲と浸水深を示しています。

● 行方市ハザードマップ

  

2「避難が必要かどうか」を判断しよう!

  • 避難とは「難」を「避ける」ことです。いまお住まいになっているご自宅が安全な方は、避難所へ避難する必要はありません。ご自宅の方が安全と思われる場合には、ご自宅に留まる「在宅避難」をしましょう。
  • 避難が必要な場合でも必ずしも市が設置する避難所ではなく、親せき宅友人宅知人宅なども避難先としてなりえます。あらかじめ避難所以外への安全な場所へ避難する「分散避難」についても検討をしておきましょう。

台風が来る前に、事前に気象情報や行政が出す情報の把握に努めることで、状況に合わせた判断を行うことができます。こまめな情報収集を行い、適切な判断ができるようにしましょう。

 

3「非常持ち出し品」を確認、備えよう!

 

  • おおむね7日分の水や食料のほかに、生活必需品、防災用品を備えておきましょう。
  • 避難所では、食事等が用意されているわけではありませんので、各自の分は各自で用意する必要があります。水や食料、必要な生活用品などの非常時持ち出し品を備えておきましょう。
  • 感染症対策としてマスクや手指消毒剤、除菌アルコールペーパー、体温計なども備えておきましょう。
  • 上履き、靴を入れる袋、ごみ袋なども忘れないようにしましょう。

備蓄の新しい考え方「ローリングストック」を取り入れましょう。

ローリングストックとは、普段から自宅に少し多めの食材、加工品を買っておき、使ったら使った分だけ新しく買い足していくことで、常に一定量の食料を備蓄しておく方法です。日常生活の中で消費しながら食料備蓄を行うという考え方です。