なめがたのみりょく

なめがた野菜(やさい)

エシャレット

『『エシャレット』の画像』の画像茨城県銘柄産地指定(いばらきけんめいがらさんちしてい)エシャレットはラッキョウを軟白栽培(なんぱくさいば)したもの。茎(くき)の上部(じょうぶ)まで柔(やわ)らかく、おいしく召(め)し上(あ)がれます。そのまま味噌(みそ)をつけてサクッと食(た)べるのが最高(さいこう)。独特(どくとく)の香(かお)りの成分(せいぶん)には、抗菌作用(こうきんさよう)があります。

 

チンゲンサイ

『チンゲンサイ』の画像ビタミンA・Cが豊富(ほうふ)で、1株(かぶ)に1日(にち)の必要量(ひつようりょう)の約半分(やくはんぶん)が含(ふく)まれています。中華料理(ちゅうかりょうり)の食材(しょくざい)と思(おも)われがちですが、お手軽(てがる)な浅漬(あさづ)けがおすすめです。もちろん、野菜(やさい)いためなどでも食(た)べれます。

 

セリ

『セリ(せり)』の画像行方市(なめがたし)は全国有数(ぜんこくゆうすう)の生産量(せいさんりょう)を誇(ほこ)るセリ産地(さんち)となっています。
「茨城県銘柄産地(いばらきけんめいがらさんち)」に指定(してい)されています。

行方市では、水稲(すいとう)やレンコンのあとに栽培(さいばい)する水田(すいでん)の二毛作栽培(にもうさくさいばい)が主(しゅ)となっています。
セリの旬(しゅん)は3月(がつ)ですが、豊富(ほうふ)な地下水(ちかすい)のおかげで10月中旬(がつちゅうじゅん)から4月下旬(がつげじゅん)まで出荷(しゅっか)しています。

セリは春(はる)の七草(ななくさ)の代表格(だいひょうかく)で、特有(とくゆう)の香(かお)り成分(せいぶん)は胃(い)を丈夫(じょうぶ)にします。
葉酸(ようさん)や鉄分(てつぶん)も多(おお)いため、特(とく)に女性(じょせい)におすすめです。
おひたしやてんぷら、ゴマあえでどうぞ。
セリごはんもおすすめです。

 

みず菜(な)

『みず菜(な)』の画像茨城県銘柄産地指定(いばらきけんめいがらさんちしてい)

今(いま)では、すっかりおなじみのみず菜(な)ですが、関東(かんとう)に広(ひろ)めたのは行方市(なめがたし)。ビタミン A 、ポリフェノールなどが豊富(ほうふ)です。サラダで召(め)し上(あ)がるのなら、株(かぶ)の小(ちい)さなものを。鍋(なべ)、おひたしにもどうぞ。

 

春菊(しゅんぎく)

『春菊(しゅんぎく)』の画像

茨城県銘柄産地指定(いばらきけんめいがらさんちしてい)

春(はる)に花(はな)が咲(さ)き、香(かお)りが菊(きく)に似(に)ているのが名前(なまえ)の由来(ゆらい)。ビタミン B群(ぐん)・ C ・ E 、カリウム、鉄(てつ)、カロチンなどを多(おお)く含(ふく)みます。鍋(なべ)のほか、おひたし、味噌汁(みそしる)にどうぞ。

 

大葉(おおば)

『大葉(おおば)』の画像防腐作用(ぼうふさよう)があるため、お刺身(さしみ)のつまとして使(つか)われます。でも、それだけではもったいない。カロチンが豊富(ほうふ)なうえ、健胃(けんい)・整腸作用(せいちょうさよう)、アレルギー体質改善(たいしつかいぜん)などの薬効(やっこう)がある大葉(おおば)をもっとご賞味(しょうみ)ください。

 

レンコン

『レンコン』の画像美容(びよう)に良(よ)いビタミンCのほか、鉄分(てつぶん)、食物繊維(しょくもつせんい)が豊富(ほうふ)です。煮物(にもの)やはさみ揚(あ)げでどうぞ。

 

いちご

『いちご』の画像茨城県銘柄産地指定(いばらきけんめいがらさんちしてい)

いちごはビタミンCの宝庫(ほうこ)。 10粒(つぶ)ほどで1日(にち)の必要量(ひつようりょう)を満(み)たすほどです。最近(さいきん)の主流(しゅりゅう)は「とちおとめ」。大粒(おおつぶ)でほどよい酸味(さんみ)と甘(あま)さが自慢(じまん)です。

 

さつまいも

『さつまいも』の画像

茨城県銘柄産地指定(いばらきけんめいがらさんちしてい)

特(とく)にビタミンCが豊富(ほうふ)で、 200g のものを1本(ぽん)食(た)べれば、 1日(にち)の必要量(ひつようりょう)をほぼ摂取(せっしゅ)できるほど。食物繊維(しょくもつせんい)も豊富(ほうふ)です。焼(や)いたり、蒸(む)したり、大学(だいがく)いもにしてどうぞ。

 

わさび菜(な)

『わさび菜(な)』の画像さわやかな辛(から)さが人気(にんき)の新野菜(しんやさい)!ビタミンAが豊富(ほうふ)な健康野菜(けんこうやさい)。緑色(みどりいろ)が鮮(あざ)やかでサラダにするとトマトやハムなど他(ほか)の食材(しょくざい)を引(ひ)き立(た)ててくれます。また、熱(ねつ)による変色(へんしょく)もないのでお鍋(なべ)や味噌汁(みそしる)、おひたしに最適(さいてき)です。

 

みつば

『みつば』の画像香(かお)りがよく、軟(やわ)らかくて歯(は)ざわりがよいのが特徴(とくちょう)です。上品(じょうひん)な「切(き)りみつば」、根(ね)がついている「根(ね)みつば」、水耕栽培(すいこうさいばい)の「糸(いと)みつば」などがあります。




問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは情報政策課です。

行方市役所 麻生庁舎 情報交流センター 〒311-3892 行方市麻生1561-9

電話番号:0299-72-0811(代表)

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

行方市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2017年2月9日
スマートフォン用ページで見る