くらし・手続き

児童手当制度について

◎児童手当とは

児童手当は、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次世代の社会を担う児童の健やかな成長に質することを目的としています。なお、子ども手当ては平成24年4月から児童手当に変わりました。

1.支給対象

中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方へ支給します。

 

2.支給額 

児童の年齢

児童手当の額(1人当たり月額)

特例給付の額(1人当たり月額)

3歳未満

一律15,000円

一律5,000円

3歳以上小学校修了前

10,000円
(第3子以降は15,000円)

中学生

一律10,000円

 ※児童を養育している方の所得が下記の所得制限限度額以上の場合は、特例給付(児童1人当たり月額5,000円)を支給します。
※「第3子以降」とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち、3番目以降をいいます。
〔例1〕18歳・16歳・10歳 → 10歳の児童は小学生修了前の第3子=15,000円
〔例2〕19歳・16歳・10歳 → 19歳の児童は数えない。10歳の児童は第2子=10,000円

所得制限限度額(平成24年6月分の手当から)

扶養親族数 所得制限限度額 収入額の目安
0人 622.0万円 833.3万円
1人 660.0万円 875.6万円
2人 698.0万円 917.8万円
3人 736.0万円 960.0万円
4人 774.0万円 1002.1万円
5人 812.0万円 1042.1万円

「収入額の目安」は、給与収入のみで計算していますので、ご注意ください。

(注) 
1.所得税法に規定する老人控除対象配偶者又は老人扶養親族がいる方の限度額(所得額ベース)は、上記の額に当該老人控除対象配偶者又は老人扶養親族1人につき6万円を加算した額
2.扶養親族数の数が6人以上の場合の限度額(所得額ベース)は、5人を超えた1人につき38万円(扶養親族等が老人控除対象配偶者又は老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額
  

3.支給時期

原則として、毎年6月・10月・2月の各10日(支払月の10日が銀行休業日の場合は、その前の営業日)にそれぞれの前月分までの手当を支給します。必要書類の提出や資格消滅の状況によって振込が遅れる場合がございます。

6月10日 2月〜5月分支給
10月10日 6月〜9月分支給
2月10日

10月〜1月分支給

 

◎支給を受けるための手続

※15日特例
児童手当は、原則申請した月の翌月分からの支給となります。ただし、出生日や転入した日(異動日)などの事由発生日が月末に近い場合、事由発生日の翌日から15日以内(15日目が閉庁日の時は最初の開庁日まで)に申請していただければ、事由発生日の翌月分から手当の支給が受けられます。

 1.新たに支給を受ける場合 

・出生や転入など申請事由の生じた方は認定請求申請をしてください。
・公務員(民間企業等への派遣、独立行政法人や国立大学法人等勤務を除く)は所属庁で申請です。
・請求者は児童の父母のうち、主たる生計維持者(恒常的に所得の高い方)です。
・手当は申請をした翌月分からの支給となります。

2.申請に必要なもの

・印鑑(スタンプ印ではないもの)
・請求者の健康保険証の写し
・請求者名義の振込口座のわかるもの(配偶者や児童の口座では振込できません)
・請求者と配偶者、別居監護児童の個人番号(マイナンバー)がわかるもの(個人番号カードや通知カード)【平成28年1月から】
・請求者の身分証明ができるもの(個人番号カード・免許証・パスポート・身体障害者手帳等)【平成28年1月から】
・別居監護の場合、子の住む住所地の世帯全員が載る住民票(本籍と続柄が入ったもの)
※その他必要に応じて提出していただく書類があります。

 

3.届出の内容が変わったとき(かならず届出を)

・出生などにより児童が増えたとき
・住所が変わったとき
・児童が施設に入所または施設から退所したとき
・離婚などにより児童を養育しなくなったとき
・受給者が公務員になったとき など

 

◎続けて手当を受けるには

現況届について(毎年6月に提出)

6月分以降の児童手当等を受けるには,現況届が必要です。
現況届は、毎年6月1日の状況を把握し、6月分以降の児童手当等を引き続き受ける要件(児童の監護や生計同一関係など)を満たしているかどうかを確認するためのものです。
市からお送りする「現況届」に記入と必要書類を添付のうえ、6月30日までに提出ください。提出がない場合には、6月分以降の手当が受けられなくなりますで、ご注意ください。  

 ◎その他

児童手当諸届の手続窓口   

行方市役所
玉造庁舎 こども福祉課 児童福祉グループ
麻生庁舎 麻生総合窓口室
北浦庁舎 北浦総合窓口室
※各庁舎とも、平日午前8時30分から12時・午後1時から5時15分まで 

寄付について  

児童手当等の全部又は一部の支給を受けずに、これを市に寄付し、地域の児童の健やかな成長を支援するために役立ててほしいという方には、簡便に寄付を行う手続があります。ご関心のある方はお問い合わせください。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはこども福祉課です。

行方市役所 玉造庁舎 1階 〒311-3512 行方市玉造甲404

電話番号:0299-55-0111 ファックス番号:0299-36-2610

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

行方市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2018年3月26日
スマートフォン用ページで見る