1. トップページ
  2. 市政
  3. 各種計画

市政

各種計画

行方市総合戦略書

  • なめがた未来のまちづくり協議会「行方市総合戦略書」の策定にあたり、行方市議会、住民代表、産業界、行政機関、大学、金融機関、労働団体、言論メディア等で構成する『なめがた未来のまちづくり協議会』を開催しました。
  • なめがた市民100人委員会市民と行政による「協働・共創」の「行方市総合戦略書」を策定するうえで、市民と一緒に行方市の課題を考え、その解決のため、今後10年間でどのようなことを重点的に取り組むかについて議論する場として、『なめがた市民100人委員会』を設置しました。 委員には、無作為抽出で選んだ市民3,000人の中から応募してきた方になっていただきました。
  • 行方市事業レビュー行方市では、市政に対する市民参画を推進し、透明性の高い開かれた市政を推進するために、事業レビュー(事業仕分け)を実施しました。事業レビューは、市の財政を健全に維持し、効率的で持続可能な行政サービスを提供していくために、市の行っている事業について、「そもそも必要なのか」「これが最適なやり方なのか」といった視点で議論・評価し、行政サービスについて整理を行うものです。事業レビューにおいて整理されたものは、なめがた市民100人委員会の議論などを経て、行方市総合戦略や次年度以降の予算に反映していきたいと考えています。
  • 行方市まち・ひと・しごと創生本部会議行方市総合戦略書の策定及び人口問題を基軸とした施策の推進、これらの進行管理を図るため、市長をトップとし、副市長、教育長、各部長等で構成する本部会議を次のとおり開催しました。
  • 行方市まち・ひと・しごと創生ワーキングチーム行方市総合戦略書や公共施設等総合管理計画など、今後10年間における本市の基礎となる計画を策定するために、係長以下の職員で構成される行方市まち・ひと・しごと創生ワーキングチームを開催しました。
  • 行方市総合戦略書を策定しました2月23日からパブリックコメントを実施し、その結果を踏まえて「なめがた未来のまちづくり協議会」、「行方市まち・ひと・しごと創生本部」で決定いたしました。

よくある質問と回答

  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2016年2月26日
スマートフォン用ページで見る