くらし・手続き

後期高齢者医療制度の保険料について

平成30・31年度の保険料

  後期高齢者医療保険料は,被保険者全員が個人ごとに納付することになります。

  保険料は,被保険者全員が負担する「均等割額」と被保険者の所得に応じて負担する「所得割額」があります。

 

         一年間の保険料額            均等割額                   所得割額
         (100円未満切捨て)   =     39,500円     +   (総所得金額等-基礎控除33万円)×8.00

 

  • 総所得金額等とは,前年収入から必要経費(公的年金控除額や給与所得控除額など)を差し引いたもので, 社会保険料控除,配偶者控除などの各種所得控除前の金額です。
  • 遺族年金や障害年金は,収入に含みません。
  • 保険料の賦課限度額(上限)は,62万円です。
  • 年度の途中で,後期高齢者医療制度に加入された方は,取得月からの月割りとなります。

 

保険料の軽減

  世帯の所得や後期高齢者医療制度に加入前の健康保険状況によっては,保険料の軽減を受けることができます。

○均等割額の軽減

世帯(被保険者と世帯主)の所得金額等が次の場合

均等割額の軽減割合

軽減後の均等割額 

33万円以下の世帯

8.5割

5,900円

33万円以下で、被保険者全員が年金収入80万円以下の世帯

※その他各種所得がない場合

8割

7,900円

33万円+「28万円×世帯の被保険者数」以下の世帯

5割

19,700円 

33万円+「51万円×世帯の被保険者数」以下の世帯

2割

31,600円 

○所得割額の軽減

 基礎控除後の総所得金額等が58万円以下に該当する方の所得割軽減(2割)は,平成30年度から廃止となりました。

○その他の軽減

  後期高齢者医療制度に加入する前に「会社などの健康保険の被扶養者」であった方は,加入後2年間に限り均等割額が5割軽減され,所得割額の負担はありません(※国民健康保険,国民健康保険組合の加入者であった方は該当しません)。

 

保険料の納め方

  保険料は,特別徴収(年金からの天引き)または普通徴収(市役所から送付される納付書または口座振替)により,個人ごとに納付することになります。

特別徴収

年金(遺族・障害年金を除く)受給額が,年額18万円以上で,介護保険料との合計額が年金受給額の2分の1を超えない方

普通徴収

上記以外の方,前年度に保険料の変更があった方,転入した方など

○普通徴収は,安心で手間が省ける口座振替をご利用ください。

  • 手続きは,市内にあるお取引の金融機関などの窓口でできます。口座振替をする方の預貯金通帳およびお届け印 をお持ちください。 
  • 振替を希望する納期の前月までにお申し込みください。

○特別徴収から普通徴収(口座振替による納付)に変更できます。

  • 市内にあるお取引の金融機関などでの口座振替のお申し込み後,後期高齢者担当窓口で徴収方法変更申請のお手続きをし てください(すでに口座振替を開始している場合は,後期高齢者担当窓口で徴収方法変更申請のお手続きのみとなります)。
  • 口座振替をした方が,社会保険料控除に適用することができるため,世帯全体でみたときの住民税・所得税の負担額が少
    なくなる場合があります(口座名義人を被保険者本人にした場合は,住民税・所得税の負担額は変わりません)。
  • 徴収方法の変更時期は,申請日により異なりますので,ご了承ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは国保年金課 医療グループです。

行方市役所 玉造庁舎 1階 〒311-3512 行方市玉造甲404

電話番号:0299-55-0111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

行方市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?