翻訳閉じる

生活

水道管の凍結にご注意ください

12月から2月頃にかけて気温がマイナス4度以下になると水道管やメーター器が破損する事故が多発します。給水装置は、お客様個人の所有物であるため、破損してしまうとお客様が修理費用を負担しなければなりません
そのような事故を未然に防ぐために凍結防止対策を行いましょう。

 

凍結しやすい場所

北側のあまり日が当たらない場所
風当たりの強い場所
外にある蛇口
・地中からむきだしになって出ている給水管など

 

凍結を防ぐためには

道管や蛇口付近を市販の保温材(ホームセンターなどで購入できます)などで覆う
メーターボックス内のメーター器や止水栓を袋に入れた発砲スチロール(5センチメートル四方にしたもの)や布切れなどで覆うと保温材の代わりに利用できます。ただし、保温材を入れる時は、メーター器が検針の支障にならないようにしてください

 

凍結してしまったら

凍った部分にタオルをかぶせて、その上からぬるま湯をゆっくりかけてください熱湯はかけないでくださいひび割れや破裂の原因となります。メーター器には絶対かけないでください

  

破裂してしまったら

水道管が破裂してしまったら、メーターボックス内の止水栓を閉めて、『行方市指定給水装置工事事業者』へ修理を依頼してください。

 

量水器

※宅内漏水により水道使用量が増えた場合は、水道料金が減額される場合があります。

詳細は「水道料金の漏水減免」を参照してください。

宅内漏水の修繕については「行方市指定給水装置工事事業者」に必ず依頼してください。 市の指定を受けていない事業者に依頼した場合は、料金の減免を受けられない場合があります。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは水道課です。

泉配水場・水道課 〒311-3512 行方市玉造甲3452-1

電話番号:0299-55-1108

メールでのお問い合わせはこちら