1. ホーム
  2. 生活>
  3. 生活のお知らせ>
  4. マイナポイント手続きよくあるご質問

生活

マイナポイント手続きよくあるご質問

Q1  マイナポイント第2弾とはなんですか。

A1 マイナポイント第2弾では3つのキャンペーンがあり、それぞれのキャンペーンにマイナポイントが付与されます。マイナポイントは3つのキャンペーンに申し込むことで、最大20,000円分のポイントが付与されます。

Q2  3つのキャンペーンとは何ですか。

A2 マイナポイント第2弾では、3つのキャンペーンがあります。

キャンペーン1 カードの取得および2万円までのチャージ、またはお買い物することで最大5,000円分

キャンペーン2 健康保険証利用申し込みで7,500円分

キャンペーン3 公金受取口座登録で7,500円分

※2、3は、2022年6月30日からの申し込み開始となります。

Q3  申し込みが遅れてもマイナポイントはもらえますか。

A3 マイナポイントは先着順ではありませんが、マイナポイント申込期限内の2023年2月末までにお申し込みください。マイナポイントの申し込みは、事前準備をしっかりしてから、慌てずにおこなってください。

※ただし、マイナンバーカードの申請を2022年9月末日までに行う必要があります。

Q4  事前にどのような準備が必要ですか。

A4 マイナポイントをスムーズに受け取るために、3つのキャンペーンに合わせて、事前に以下の準備することをおすすめします。

・マイナンバーカードの取得

詳しいやり方はこちら

https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/flow/mnp-get/

・利用者証明用電子証明書の更新(カード取得から5年以上が経過している方)

更新の手順はこちら

https://faq.myna.go.jp/faq/show/2691?category_id=6&site_domain=default

・利用者証明用電子証明書のパスワード(4ケタ)の確認・再発行(パスワードを忘れてしまった場合)

パスワードの再発行方法はこちら

https://www.jpki.go.jp/procedure/password.html

・対応決済サービスの利用申し込み

対応決済サービスの検索および事前手続きの要否の確認はこちら

https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/service_search/

・利用している対応決済サービスの決済サービスIDおよびセキュリティコードの確認

決済サービスID及びセキュリティコードはこちらで各サービスを検索して確認

https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/service_search/

・健康保険証利用申し込み

詳しいやり方はこちら

https://myna.go.jp/html/hokenshoriyou_top.html

・公金受け取り口座の登録

詳しいやり方はこちら

https://myna.go.jp/html/account information.html

Q5  マイナポイントの手続きは何でおこなえますか。

A5 お手持ちのスマートフォンやパソコンから、手続きを簡単に行うことができます。24時間のお申し込みが可能です。なお、パソコンでの手続きには、マイナンバーカードを読み込むICカードリーダーが必要です。

※市役所各庁舎でもパソコンからの手続きの支援を行っています。

Q6  スマートフォンやパソコンがないとマイナポイントはもらえませんか。

A6 スマートフォンやパソコンがない場合でも、全国に6万か所ある手続きスポットで無料で申し込みができます。

※市役所各庁舎でもパソコンからの手続きの支援を行っています。

Q7  マイナポイントの申し込みできる手続きスポットはどこにありますか。

A7 手続きできるスポットは以下のとおりです。

・市区町村窓口・KDDI(auショップ)

・NTTドコモ(ドコモショップ)・イオングループ(総合スーパー(GMS)、一部の食品スーパー(SM))

・セブン銀行(ATM)

・ソフトバンク(ソフトバンクショップ/ワイモバイルショップ)

・ビックカメラ

・ヤマダ電機・郵便局

・ローソン(マルチコピー機)

*マイナポイント手続きスポット検索

マイナポイント事業ホームページから簡単に検索できます。

https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/reserve_search/

Q8  手続きスポットでの手続きには何が必要ですか。

A8 以下のものが必要です。

・マイナンバーカード・数字4ケタのパスワード(公的個人認証サービス利用者証明用パスワード)

・マイナポイント受け取りに使用する決済サービスの決済サービスID

・マイナポイント受け取りに使用する決済サービスのセキュリティコード

*このほかにも、Q4の事前準備を参照し、必要なものを余裕をもって準備してください。

Q9  マイナポイントアプリはどこで入手できるのですか。

A9 iPhoneの方はApp Store、Androidの方はGoogle Play ストアからダウンロードできます。

Q10  申し込み時に必要な決済サービスID・セキュリティコードって何ですか。

A10 マイナポイントを受け取るキャッシュレス決済サービスを選択する際に必要な情報のことで、キャッシュレス決済サービスごとに異なります。

*決済サービスID・セキュリティコードの確認方法

https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/service_list/service_list.html

Q11  数字4ケタのパスワードとは何ですか。

A11 公的個人認証サービス利用者証明用パスワードです。マイナンバーカードを受け取る際に設定したものです。忘れてしまった場合は、公的証明書(免許証など)をお持ちのうえ、各庁舎にある窓口において手続きが必要です。

Q12  どのようにマイナポイントがもらえるのですか。

A12 キャンペーン1のマイナンバーカードの新規取得等により付与されるマイナポイントは、選択したキャッシュレス決済サービスでチャージまたはお買い物をすることでキャッシュレス決済サービスを通じて付与されます。ポイントの上限は5,000円分です。

キャンペーン2の「健康保険証としての利用申し込み」とキャンペーン3の「公金受取口座の登録」は、マイナポイント申し込み後、チャージやお買い物をしなくても、それぞれ7,500円分のポイントが付与されます。2022年6月30日から申し込みが開始されます。

Q13  マイナポイントはどこで使えますか。

A13 付与されたマイナポイントは、電子マネーやQRコード決済など、普段のお買い物に利用できます。

*対象となるキャッシュレス決済サービス検索

https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/service_search/

Q14  マイナポイントの申し込みの状況の確認はできますか。

A14 スマートフォンやパソコン、手続きスポットから確認することができます。

(スマートフォン、パソコンで確認する場合)

https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/flow/confirm/

・パソコンでのご利用には、ICカードリーダーが必要です。

(手続きスポットで確認する場合)

・手続きスポットや使用する機械によって異なります。詳しくは手続きスポットにある表示等でご確認ください。

Q15  子どももマイナンバーカードを持っているが、マイナポイントはもらえますか。

A15 15歳未満の未成年者については、法定代理人(父・母などの親権者等)がマイナポイントの予約・申し込みの手続きを行うことで、法定代理人名義のキャッシュレス決済サービスに付与することができます。ただし、同じキャッシュレス決済サービスには、合算することはできないため、法定代理人名義の異なるキャッシュレス決済サービスを選択する必要があります。

Q16  マイナポイントが付与されたことは、どうやって確認できますか。

A16 申し込んだキャッシュレス決済サービスのアプリやホームページの会員ページなどから確認することができます。マイナポイントアプリやマイナポイント予約・申込サイトでは確認できません。

Q17  マイナンバーカードを健康保険証として利用すると、どんなメリットがありますか。

A17 次のようなメリットがあります。 

・本人が同意すれば、初めての医療機関等でも、特定健診情報や薬剤情報が医師等と共有できます。

・限度額適用認定証がなくても、高額療養費制度における限度額を超える支払いが免除されます。

・マイナポータルで自身の特定健診情報や薬剤情報・医療費通知情報が閲覧できます。

・就職・転職・引っ越しをしても、健康保険証としてずっと使えます(医療保険者が変わる場合は、加入の届出が引き続き必要です。)。

・マイナポータルを通じた医療費通知情報の自動入力で、確定申告の医療費控除がより簡単になります。

Q18  健康保険証として利用することによって、病院や薬局でマイナンバーの情報が漏れることはないのですか。

A18 ICチップの中の「電子証明書」を使うため、マイナンバーを取り扱うことはありません。

Q19  今まで使っていた健康保険証は利用できないのですか。

A19 従来の健康保険証も引き続きご利用できます。

Q20  こどもは銀行口座を持っていません。代わりに親の口座を公金受け取り口座に登録できますか。

A20 登録者本人(こども)と異なる名義の口座(親名義の口座)を、公金受け取り口座として登録することはできません。公金受け取り口座として登録できる口座は、口座名義人が登録者本人と同一の口座です。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課 行政グループです。

行方市役所 麻生庁舎 2階 〒311-3892 行方市麻生1561-9

電話番号:0299-72-0811(代表)

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

行方市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る