1. ホーム
  2. 生活>
  3. 生活のお知らせ>
  4. 新型コロナワクチン接種についての市長コメント(令和3年7月2日掲載)

生活

新型コロナワクチン接種についての市長コメント(令和3年7月2日掲載)

新型コロナワクチン接種について

 

はじめに、新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。また、市民の命と健康を守るため、日々医療の最前線で奮闘されている医療従事者の方々をはじめ、感染防止にご尽力いただいているすべての皆さまに対して、心から敬意と感謝の意を表します。

 

さて、ワクチン接種について、本市では、市内医療機関及び茨城県のご協力をいただきながら、国が定める優先順位に基づき、年齢順かつ段階的に接種券を発送し、予約及び接種を進めているところです。

7月1日までの接種状況については、一般高齢者の1回目の接種者数は、対象者全体11,669人の約70%に当たる8,170人となっています。また、6月28日から、2回目の接種も始まっており、2回目の接種者数は、約9.5%に当たる1,104人となっています。

 

現在、国からのワクチンの供給が不足し、その影響が全国各地で表面化し始めていますが、本市では、接種券をお送りした方についてはワクチンを確保していますので、慌てずにご予約ください。

また、これまで60歳以上の方へ接種券を発送しましたが、59歳以下の方につきましても、ワクチンの供給量に応じ、年齢順かつ段階的に接種券を発送してまいりますので、何とぞご理解をお願いします。

 

来る7月10日~16日の間、東京オリンピックに出場するアルゼンチン男子ハンドボールチームの事前キャンプの練習会場として、麻生運動場体育館を提供することになりました。

依然として新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続いている中、ご不安やご心配を感じておられると思いますが、「バブル方式(選手団の行動範囲を宿泊施設と練習場の往復のみに限定し、隔離された環境を作ること)」を採用することにより、感染対策を徹底し、選手団はもとより、事前キャンプ業務に従事する職員、関係者、そして市民の皆さまの安全と安心の確保に努めてまいります。

 

皆さまには、引き続き、基本的な正しい感染防止対策の徹底をお願い申し上げますとともに、市として今後も関係機関と連携しながら、皆さまの安全と安心の確保に向けた対策に取り組んでまいりますので、何とぞご理解とご協力をお願いします。

 

 令和3年7月2日

 

行方市長  鈴木 周也  

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課です。

行方市保健センター内 〒311-1704 行方市山田3282-10

電話番号:0291-34-6200 ファックス番号:0291-34-6003

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

行方市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る