1. ホーム
  2. 事業者>
  3. 介護>
  4. 加算・減算>
  5. 科学的介護推進体制加算について

事業者

科学的介護推進体制加算について

厚生労働省より、平成28年度より運用されている「通所・リハビリテーションデータ収集システム(VISIT)及び令和2年5月より運用されている「高齢者の状態やケアの内容等データ収集システム(CHASE)」について、一体的な運用が開始され、科学的介護の理解と浸透を図る観点から、名称を「科学的介護情報システム(LIFE)」となります。

「科学的介護情報システム(LIFE)」は、科学的に効果が裏付けられた自立支援・重度化防止に資する質の高いサービス提供の推進を目的とし、LIFE を用いた厚生労働省へのデータ提出とフィードバックの活用による、PDCA サイクル・ケアの質の向上を図る取組を推進することとなっております。

つきましては,LIFE を用いた厚生労働省へのデータ提出等が要件となる加算及びLIFE の利用申請の方法等について添付ファイルのとおりとなりますので,介護サービス事業所においては,御対応を進めてくださいますようお願い致します。

 

加算算定要件 以下の要件をすべて満たす事。

(イ):入所者・利用者ごとのADL値、栄養状態、口腔機能、認知症の状況、その他の入所者の心身の状況等の係る基本的な情報を厚生労働省に提出していること。

(ロ):必要に応じてサービス計画を見直すなど、サービスの提供に当たって、(イ)に規定する情報その他サービスを適切かつ有効に提供するために必要な情報を活用していること。

(※実際に加算を算定するためには、(イ)に規定する情報をサービス提供月の翌月10日までに「LIFE」

に送信する必要があるとされる)

 

届出が必要な事業所

科学的介護推進体制加算の算定を希望する事業所

(通所介護又は地域密着型サービスにおいても、加算の届出をしていることが必要です。)

 

【提出期限】

 原則、算定を開始する前月の15日までに提出してください。

 

【提出書類】

(1)地域密着型サービスの場合

   ・介護給付費算定に係る体制等に関する届出書(別紙3)

   ・介護給付費算定に係る体制状況等一覧表 (別紙1-3)

   ・添付書類  チェック表63

 

(2)介護予防・日常生活支援総合事業の場合

   ・介護予防・日常生活支援総合事業費算定に係る体制等に関する届出書(別紙1)

   ・介護予防・日常生活支援総合事業費算定に係る体制等状況一覧表(別紙1‐1)

   ・添付書類  チェック表63

 

 ※地域密着型サービスと総合事業を一体的に実施している事業所は、(1)、(2)の両方を提出してください。

 

 

参考資料

 上記の加算を活用するには、「LIFE」への登録が必要です。

  行方市ホームページ>事業者>介護を参照してください。

  「『科学的介護情報システム(LIFE)』の活用等について」

 

【提出先】 

   〒311−3512

   行方市 市民福祉部

   行方市玉造甲404

   介護福祉課 介護保険グループ

   電話 0299-55-0111  FAX 0299-36-2610

     窓口に持参される場合は、事前に担当へ電話連絡してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは介護福祉課です。

行方市役所 玉造庁舎 1階 〒311-3512 行方市玉造甲404

電話番号:0299-55-0111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

行方市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る