1. トップページ
  2. 防災・安全
  3. 緊急情報
  4. 新型コロナウイルス感染症関連情報
  5. ひとり親世帯への臨時特別給付金のお知らせ

防災・安全

ひとり親世帯への臨時特別給付金のお知らせ

    新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てと仕事を一人で担う低所得者のひとり親世帯において子育て負担の増加や収
入の減少に対する支援を行うため臨時特別給付金を支給します。支給には「基本給付」と「追加給付」があります。対象者1人につ
1回限りの支給となります。

 

支給対象者

1.基本給付
  18歳到達後最初の3月31日が令和3年3月31日以降である児童、または申請時点特別児童扶養手当を受給し一定の障害の状
態にある20歳未満の者を監護しており、以下の(1)~(3)のいずれかに該当する方(児童扶養手当法に定める支給要件に該当す
る方
、養育者の方も対象となります。)

(1) 令和2年6月分の児童扶養手当の支給を受けている方
(2) 公的年金給付等(遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償等)を受給していることにより、令和2年6月
     分の児童扶養手当の支給が全額停止される方

  ※1 既に児童扶養手当受給資格者としての認定を受けている方だけでなく、過去に児童扶養手当の申請をしていれば、令
        和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額又は一部停止されたと推測される方も対象となります。
  ※2 児童扶養手当に係る支給制限限度額を下回る方に限ります。

(3) 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっ
     ている方

2.追加給付
  上記、基本給付対象の(1)、または(2)に該当する方のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減
少している方

給付額

1.基本給付
    1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円加算

2.追加給付
    1世帯5万円

申請について

1.基本給付
    ・基本給付対象の(1)に該当する方

        申請は不要です。

    ・基本給付対象の(2)又は(3)に該当する方

        申請が必要です。

      ※児童扶養手当の認定を受けている方には、8月に行う現況届提出のお知らせの封筒の中に給付金のお知らせの通知も同
         封します。公的年金等受給者又は家計急変者に該当すると思われる方は、同封した申請書及び申立書を記入し、現況届と
         あわせて提出願います。
      ※児童扶養手当の認定を受けていない方で基本給付対象の(2)公的年金等受給者または(3)家計急変者に該当すると思わ
         れる方は、下記の申請書及び申立書を印刷記入し提出をしてください。

<基本給付の支給基準及び申請書、申立書について>

〇基本給付対象の(2)の方
   公的年金給付等を受給していることにより、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止される方、または過去に児童扶養
手当の申請をしていれば、令和2年6月の児童扶養手当の支給が全額又は一部停止されたと推測される方

   ※平成30年中の収入が基準額以下であるかご確認ください。
      申請者の前々年(平成30年1月~12月)の年間収入の内訳を計算し、その額が基準額以下であれば受給できます。扶養義務
   者(申請者本人から見て生計を同一にしている父母、祖父母、子、孫等の直系血族または兄弟姉妹、配偶者)がいる場合は、そ
   の方全ての人の収入も基準額以下である必要があります。

収入の計算方法
   下表中(A)から(D)について、平成30年中の収入を確認し、合計額を計算してください。

種  類 内  容(平成30年1月~12月までの収入)
養育費(A) 養育費の支給を受けている場合
給与収入(B) 給与収入がある場合
事業収入又は不動産収入(C) 事業収入又は不動産収入がある場合
年金相当収入(D)

年金の収入がある場合、年金収入から下記児童扶養手当相当額を引いた額

<児童扶養手当相当額>
 児童0人            0円
 児童1人  122,160円
 児童2人  183,360円
 児童3人  220,080円
 児童4人  256,800円

   上記以外の収入は計算しません。
   (A)から(D)の収入の合計額が、下記の収入基準額以下である場合は、基本給付の支給対象となります。


収入基準額
    平成30年12月31日時点で扶養をしている者の人数によって変わります。
    下記の基準額をご確認ください。

扶養している人数 基準額(父母) 基準額(養育者、扶養義務者)
0人 3,114,000円 3,725,000円
1人 3,650,000円 4,200,000円
2人 4,125,000円 4,675,000円
3人 4,600,000円 5,150,000円
4人 5,075,000円 5,625,000円
5人 5,550,000円 6,100,000円
6人以上 1人増えるごとに475,000円を加算した額 1人増えるごとに475,000円を加算した額

   上記表の基準額に

       ・扶養している者のうち、16歳~23歳までの方1人につき  150,000円
       ・70歳以上の親族、配偶者1人につき(「基準額(養育者、扶養義務者)」の中で配偶者以外の70歳以上の扶養親族のみの場
         合は、その人数から1引いた数で計算してください)  100,000円

   を加算した金額が収入基準額となります。


収入が収入基準額を上回っていた場合
   収入が基準額を上回っていた場合でも、所得で計算した場合に下記の所得の基準額以下であれば受給ができます。

扶養している人数 基準額(父母) 基準額(養育者、扶養義務者)
0人 1,920,000円 2,360,000円
1人 2,300,000円 2,740,000円
2人 2,680,000円 3,120,000円
3人 3,060,000円 3,500,000円
4人 3,440,000円 3,880,000円
5人 3,820,000円 4,260,000円
6人以上 1人増えるごとに380,000円を加算した額 1人増えるごとに380,000円を加算した額

※上記の要件に該当しなかった年金受給者の方
   要件に該当しない場合でも、基本給付対象の(3)の要件に該当すれば受給できる場合もあります。基本給付対象の(3)の要件も
ご確認ください。

提出書類一覧【(2)公的年金受給者】

申請書

   【基本給付】申請書(様式第3号)公的年金等受給者用
   【記入例】別紙様式【基本給付】公的年金等受給者用

申立書

   収入額申立書(公的年金等)(様式第4号)申請者本人用
   収入額申立書(公的年金等)(様式第4号)扶養義務者用
   所得額申立書(公的年金等)(様式第4号)
   【記入例】収入額申立書(公的年金等)(様式第4号)申請者本人用
   【記入例】収入額申立書(公的年金等)(様式第4号)扶養義務者用
   【記入例】所得額申立書(公的年金等)(様式第4号)

 

基本給付対象の(3)の方
  
新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている

   申請者又は申請者と生計を同一にしている以下の方が新型コロナウイルス感染症拡大の影響で収入が減少した場合にも給付
金を受給できます。

   ・申請者の配偶者
   ・申請者の父母、祖父母、子、孫等の直系血族または兄弟姉妹

   ※収入が基準額以下であるかご確認ください。
      令和2年2月以降で、新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した任意の1か月の収入を12か月に換算した収入
   が基準額以下であれば受給できます。扶養義務者(申請者本人から見て生計を同一にしている父母、祖父母、子、孫等の直系血
   族または兄弟姉妹)がいる場合は、その方全ての人の収入も基準額以下である必要があります。

収入の計算方法
   下表中(A)から(D)について、令和2年2月以降の任意の1カ月収入を確認してください。

種  類 内  容
養育費(A) 養育費の支給を受けている場合
給与収入(B) 給与収入がある場合
事業収入又は不動産収入(C) 事業収入又は不動産収入がある場合
年金相当収入(D)

年金の収入がある場合、年金収入から下記児童扶養手当相当額を引いた額

<児童扶養手当相当額>
 児童0人          0円
 児童1人  10,180円
 児童2人  15,280円
 児童3人  18,340円
 児童4人  21,400円

上記以外の収入は計算しません。
(A)から(D)の収入の合計額を年額に換算した額(12倍した額)が、下記の収入基準額以下である場合は、基本給付の支給対象
となります。


収入基準額
   申請時点で扶養をしている者の人数によって変わります。
   下記の基準額をご確認ください。

扶養している人数 基準額(父母) 基準額(養育者、扶養義務者)
0人 3,114,000円 3,725,000円
1人 3,650,000円 4,200,000円
2人 4,125,000円 4,675,000円
3人 4,600,000円 5,150,000円
4人 5,075,000円 5,625,000円
5人 5,550,000円 6,100,000円
6人以上 1人増えるごとに475,000円を加算した額 1人増えるごとに475,000円を加算した額

   上記表の基準額に

       ・扶養している者のうち、16歳~23歳までの方1人につき  150,000円
       ・70歳以上の親族、配偶者1人につき(「基準額(養育者、扶養義務者)」の中で配偶者以外の70歳以上の扶養親族のみの場
         合は、その人数から1引いた数で計算してください)  100,000円

   を加算した金額が収入基準額となります。

 

収入が収入基準額を上回っていた場合
   収入が基準額を上回っていた場合でも、所得で計算した場合に下記の所得の基準額以下であれば受給ができます。
   所得を算出するために収入から控除することができる額は、(別添)控除対象一覧表をご覧ください。

扶養している人数 基準額(父母) 基準額(養育者、扶養義務者)
0人 1,920,000円 2,360,000円
1人 2,300,000円 2,740,000円
2人 2,680,000円 3,120,000円
3人 3,060,000円 3,500,000円
4人 3,440,000円 3,880,000円
5人 3,820,000円 4,260,000円
6人以上 1人増えるごとに380,000円を加算した額 1人増えるごとに380,000円を加算した額

提出書類一覧【(3)家計急変者用】

申請書

   【基本給付】申請書(様式第3号)家計急変者用
   【記入例】別紙様式【基本給付】家計急変者用

申立書

   収入見込額申立書(家計急変)(様式第4号)申請者本人用
   収入見込額申立書(家計急変)(様式第4号)扶養義務者用
   所得見込額申立書(家計急変)(様式第4号)
   【記入例】収入見込額申立書(家計急変)(様式第4号)申請者本人用
   【記入例】収入見込額申立書(家計急変)(様式第4号)扶養義務者用
   【記入例】所得見込額申立書(家計急変)(様式第4号)

2.追加給付
    ・基本給付対象の(1)に該当する方

        申請が必要です。

     ※対象者には8月の現況届出のお知らせと一緒に申請書を送付しますので現況届出とあわせて提出してください。

    ・基本給付対象の(2)に該当する方

        申請が必要です。

     ※基本給付の申請書とあわせて追加給付の申請をしてください。
        児童扶養養手当を認定されている方には、現況届出のお知らせと一緒に申請書を送付しますので現況届出とあわせて提出
        してください。

申請書

   【追加給付】申請書(様式第5号)

基本給付の受給を拒否される方

  次の届出書を記入し8月14日(金)までに提出願います。

  給付金受給拒否の届出書(様式第1号)

支給時期

1.基本給付
    ・基本給付対象の(1)の方

        令和2年8月中に児童扶養手当を支給している口座へ振り込みます。
        各自通帳により入金確認願います。

    ・基本給付対象の(2)、(3)の方

        順次審査確認を終了次第、令和2年9月中旬以降を予定しています。

2.追加給付

    ・基本給付対象の(1)、(2)の方

        順次審査確認を終了次第、令和2年9月中旬以降を予定しています。

申請期間

   令和2年8月3日(月)~令和3年1月31日(日)

      受付時間
         午前8時30分~正午、午後1時から午後5時15分
           (土・日曜日、祝祭日、年末年始を除く)

申請窓口

   こども福祉課 児童福祉グループ(玉造庁舎1F)
   麻生総合窓口室(麻生庁舎1F)
   北浦総合窓口室(北浦庁舎1F)

 

ひとり親世帯への臨時特別給付金について

 

ひとり親世帯臨時特別給付金に関する情報

○厚生労働省ひとり親世帯臨時特別給付金コールセンター

    電話番号 0120-400-903(受付時間:平日9時から18時まで)

   ※聴覚に障害のお持ちの方や、上記コールセンターへのお問い合わせが難しい方は、厚生労働省においてファックスでの対応を
      行っています。詳しくは下記のリンク先をご覧ください。

★厚生労働省WEBサイト「聴覚に障害をお持ち方等への給付金に係るファックスに関するお問い合わせへの対応」【外部リンク】
      https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_12224.html
 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはこども福祉課 児童福祉グループです。

玉造庁舎 1階 〒311-3512 行方市玉造甲404

電話番号:0299-55-0111 ファックス番号:0299-36-2610

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

行方市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2020年7月31日
スマートフォン用ページで見る