1. ホーム
  2. 生活>
  3. 生活のお知らせ>
  4. 新型コロナウイルス感染拡大の「緊急事態宣言全面解除」を受けての市長コメント(5月26日掲載)

生活

新型コロナウイルス感染拡大の「緊急事態宣言全面解除」を受けての市長コメント(5月26日掲載)

市民の皆さまへ

緊急事態宣言全面解除を受けて

市民の皆さまにおかれましては、日頃より、新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご協力いただき、誠にありがとうございます。

さて、昨日5月25日、政府は北海道と首都圏の東京、埼玉、千葉、神奈川の計5都道県で継続している新型コロナウイルス特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の解除を発表しました。
茨城県では、全国の「緊急事態宣言」の解除に合わせ、県外への外出自粛要請を全て解く方針を示していましたが、政府の方針に合わせ、5月31日までは、県外、特に東京、千葉、埼玉、神奈川の首都圏4都県への外出自粛を要請することとし、6月1日以降については、4都県と北海道を除いて要請を解除するよう修正しました。
以上を踏まえ、本日5月26日に「新型コロナウイルス感染症対策本部会議」を開催しましたので、決定した主な内容をお知らせいたします。

市内各施設の再開について

現在休館している市内各施設について、政府が示す「新しい生活様式」などの感染防止に十分配慮しながら、順次再開します。
市内温浴施設につきましては、施設内の衛生確保、感染防止対処および混雑緩和対策を取ったうえで、あそう温泉「白帆の湯」は6月1日(月)から通常営業とし、北浦温泉「北浦荘」は6月2日(火)から、当面の間、時間を短縮して営業します。
また、市内社会教育施設につきましては、利用人数の制限や、3密が発生しないような工夫をしたうえで、各公民館、地区館、図書館および野外グラウンドは6月2日(火)、各体育館は6月9日(火)から再開いたします。詳細は別途ご確認ください。

《酸性電解水(次亜塩素酸水)の配布期間延長について
今月5月31日(日)までの期間、市内3か所で、酸性電解水(次亜塩素酸水)の配布を行っておりますが、6月1日(月)以降も土日祝祭日を除き、配布を継続いたします。
配布場所については、行方市保健センター(旧 北浦保健センター)のみとなりますのでご注意ください。
配布時間、量、方法等につきましては、今まで同様ですので、希望する方は、各自、洗浄済みのペットボトル等をご持参いただき、感染予防策を取ったうえで、会場までお越しください。 

皆さまにおかれましては、身体的距離の確保、手洗いやマスクの着用など、国が示した「新しい生活様式」を継続して実践していただくとともに、感染が流行している地域(東京圏等)への不要不急の外出および誘客をお控えいただき、引き続き、一日も早い終息に向けてご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。 

最後に、私たちの健康と生命を守るため、日々医療の最前線で奮闘されている医師、看護師をはじめとする医療従事者の皆さま、また、私たちの社会活動や日常生活を支えてくださっているさまざまな業種の皆さまに心より感謝を申し上げます。

令和2年5月26日

行方市長 鈴木 周也  

   

関連情報

茨城県ホームページ  新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(新しいウインドウで開きます)
新型コロナウイルス感染症関連情報

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課です。

行方市保健センター内 〒311-1704 行方市山田3282-10

電話番号:0291-34-6200 ファックス番号:0291-34-6003

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

行方市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る