1. ホーム
  2. 生活>
  3. 生活のお知らせ>
  4. 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた対策に関する市長コメント(4月16日掲載)

生活

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた対策に関する市長コメント(4月16日掲載)

市民の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた対策について

市民の皆さまにおかれましては、新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご協力いただき、誠にありがとうございます。
さて、昨日4月15日に開催した「新型コロナウイルス感染症対策本部会議」にて協議および決定した内容で、主なものをお知らせいたします。

《市立小中学校および幼稚園の臨時休業期間の延長について》
既に、4月10日(金)から4月23日(木)までの期間を臨時休業にしておりましたが、茨城県知事から全県を対象とした外出自粛要請や県立学校の一斉臨時休業を5月6日(水)まで行うと発表されたことを受け、本市の小中学校および幼稚園の臨時休業期間を5月7日(木)まで延長することにいたしました。
放課後児童クラブ(キッズ)および降園後保育(エンゼル)の開設期間も同様となりますが、県内における感染拡大状況を鑑み、医療機関・介護施設の関係者、保育所勤務、ひとり親の方など、どうしてもご家庭で保育できない保護者の方以外は、できる限りご家庭での保育をお願いいたします。このことは、保育所やこども園においても同様です。
医療の確保や社会の維持に携わる方が子どもを預けて働くことができなくなりますと、医療や社会の秩序の崩壊につながりかねません。そのような観点やお子さんの感染リスク低下のためにも、ご家庭で保育できる場合はご家庭での保育をお願いいたします。
市といたしましては、引き続き、預かる際の感染予防策を徹底してまいりますので、保護者の皆さまにおかれましても、ご家族全員で検温、手洗いや咳エチケット、不要不急の外出を控えるなどの感染予防策を徹底されますようお願いいたします。

《マスクの配布について》
新型コロナウイルス感染症が拡大する中、深刻化するマスク不足を受け、4月10日に株式会社ALBAJAPAN様からサージカルマスク20,000枚、同月13日に行方市シルバー人材センター様から手作りマスク120枚が市に寄贈されました。
改めまして、株式会社ALBAJAPAN様、行方市シルバー人材センター様のご厚意に深く感謝申し上げます。
寄贈いただいたマスクは、預かり保育(キッズ・エンゼル)関係者、ひとり暮らしの高齢者や重度慢性疾患をお持ちの方、妊婦の方、医療機関など、特にマスクを必要とする方に配布させていただきます。
すべての市民の皆さまに配布できず誠に申し訳ございませんが、福祉・医療の安全確保のために、このたびの配布について何とぞご理解くださいますようお願いいたします。
また、市販のマスクの代用・節約として、応急措置ではありますが、ガーゼ生地やハンカチを用いた手作りマスクの作り方をなめがたエリアテレビ等で周知していきます。市販、手作りのいかんにかかわらず、マスクを着用することは、飛沫の拡散防止やウイルスの付いた手で口や鼻を触らないなど、一定の感染拡大防止につながります。
今後も、市としてさまざまな感染予防策に取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

《外出自粛要請について》
茨城県知事から、平日、休日を問わず全県を対象とした外出自粛要請が出されたことを受け、本市におきましても、不要不急の外出自粛の啓発を強化してまいります。
特に、現在、緊急事態宣言の発令により、県外からの人の流れが生まれつつあります。そのため、緊急事態宣言の対象地域をはじめとする都市部への移動や不要不急の帰省の呼び掛けを自粛していただくとともに、県外からの帰省や出張で戻られた方におかれましては、真に必要な場合を除き、極力、外出をお控えいただきますようご協力をお願いいたします。

《危機管理体制の強化について》
昨今の県内の感染拡大状況を鑑み、市職員に感染が確認された場合でも業務に支障や停滞が生じることがないよう、業務継続計画(BCP)をこのたびの新型コロナウイルス感染症の実状に沿う形に一部見直しをすることといたしました。
また、市役所窓口における飛沫感染防止対策として、窓口カウンター等にビニールのついたてを設置させていただきます。併せて、市職員の体調管理の徹底や不要不急の外出自粛を再度要請いたしました。皆さまと市職員が安心して、サービスを提供・享受できるよう万全を期してまいりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

《正しい情報の収集と人権の配慮について》
誠に遺憾なことでありますが、不確かな情報や風評がいまだ市内に流布しており、特定の人や治療等に従事した関係者およびそのご家族等の人権侵害や中傷などの被害が生じています。
繰り返しとなりますが、感染拡大を防止するためには、手洗い・うがいの励行や咳エチケット、不要不急の外出自粛など日頃の感染予防策の徹底とともに、正しい情報や知識の収集、そして、その真偽や必要性を適切に判断していくことが重要です。
市といたしましては、今後も適宜正しい情報の提供に努めてまいりますので、正しく恐れ、そして冷静に対処されますようお願いいたします。

茨城県では、独自の緊急事態宣言は出されておりませんが、日々感染者が増加する今日において、先行きが見えない現状に強い不安やストレスを感じていることと思います。家族や友人に自由に会いたい。学校に行きたい。その気持ちは痛いほど分かります。しかし、今、自粛することが、その一日も早い実現につながります。
どうか皆さま、この自粛が何のためのものなのか、改めてお一人お一人、また、ご家庭でも考えていただき、一日も早い終息に向けてこの難局を乗り越えてまいりましょう。
今後も皆さまの安全と安心の確保に向けた対策を着実に実施してまいりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

令和2年4月16日

行方市長  鈴木 周也   

関連情報

茨城県ホームページ  新型コロナウイルス感染症対策本部発表資料(新しいウインドウで開きます)
新型コロナウイルス感染症関連情報

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課です。

行方市保健センター内 〒311-1704 行方市山田3282-10

電話番号:0291-34-6200 ファックス番号:0291-34-6003

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

行方市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る