1. トップページ
  2. まちの話題
  3. 平成30年
  4. 平成30年8月
  5. 8月10日 幼児教育と小学校教育の接続のための教職員研修会を開催しました

まちの話題

8月10日 幼児教育と小学校教育の接続のための教職員研修会を開催しました

~幼児の育ちを捉えた小学校との連携・接続のために~

本市では、保育園、幼稚園、認定こども園及び小学校等を対象とした幼児教育と小学校教育の接続に関する研修会を実施し、幼児教育と小学校教育の円滑な接続を推進しています。今年度は、幼児教育の推進及び幼児教育と小学校教育との連携・接続に向けた取組のための中心的な役割を担う職員の研修会も実施し、就学前教育を進めています。

 

「第3回なめがた未来塾」83日(金)開催

茨城大学教育学部教授・茨城大学教育学部附属幼稚園園長 神永直美先生から「保幼小接続の問題点とその対応について」お話をいただきました。小学校と幼児教育施設の先生で、それぞれの幼児の育ちや学びの姿を「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」から伝え合うこと、家庭との連携が重要であることを確認し合うことができました。市内の保育園、認定こども園、幼稚園、小学校の教職員約40名が参加しました。

神永先生の講話

『神永先生の講話』の画像

話し合いの様子

『話し合いの様子』の画像

 

「幼児教育と小学校教育の接続のための研修会」8月10日(金)開催

茨城県教育庁就学前教育・家庭推進室 金田久美子先生から『就学前教育・家庭教育推進アクションプランや茨城県保幼小接続カリキュラムの策定』について、鹿行教育事務所指導主事 濵谷一正先生から『子どもの育ちと学びの共有』を大切にすることや『接続カリキュラムの作成、改善に向けての指導』、行方市教育委員会生涯学習課 木下健課長から『子どもの生活習慣の改善面』について指導していただきました。教職員20名の参加で、小学校区に分かれ、「小学校へつなげたい幼児教育施設の子どもの育ち」や「接続カリキュラムの作成・見直し」のために話し合いました。幼児教育施設と小学校との子どもの交流だけではなく、職員の交流・研修が大切であることを実感し、より一層、連携・接続のための交流を進めていく気持ちを強くした研修会でした。

金田先生の講話

『金田先生の講話』の画像

濵谷先生の講話

『濱谷先生の講話』の画像

木下課長の講話

『木下課長の講話』の画像

各小学校区での話し合い

『各小学校区での話し合い』の画像

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは学校教育課 指導室です。

行方市役所 北浦庁舎 2階 〒311-1792 行方市山田2564-10

電話番号:0291-35-2111

メールでのお問い合わせはこちら
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2018年8月28日
スマートフォン用ページで見る