1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 介護・福祉
  4. 子育て支援
  5. 児童手当・児童扶養手当で未婚のひとり親家庭に寡婦(夫)控除のみなし適用を実施します

くらし・手続き

児童手当・児童扶養手当で未婚のひとり親家庭に寡婦(夫)控除のみなし適用を実施します

児童手当・児童扶養手当では、未婚のひとり親家庭を支援することを目的として、一定の要件を満たすものについて、寡婦(夫)控除のみなし適用を実施します。

◎寡婦(夫)控除のみなし適用とは

税法上の寡婦(夫)控除が適用されない未婚のひとり親に対し、申請に基づき、寡婦(夫)控除があるものとして所得を計算し、支給額を決定するものです。

(注)
1.税法上の寡婦(夫)控除が受けられる方は、対象となりません。
2.所得の状況等によっては、支給額が変更とならない場合があります。
3.このみなし適用によって所得税や住民税等が変更となることはありません。

 1.対象者および控除額

市内に住所を有し、所得を計算する対象となる年の12月31日現在および申請日現在、以下の要件を満たす人について、児童手当・児童扶養手当の所得制限の判定に係る所得の額の算定において、地方税法上の寡婦(夫)控除と同様、27万円(下記(1)のうち扶養親族である子がいて、かつ前年の合計所得金額が500万円以下である場合には35万円)を控除します。

(1)婚姻歴がなく、また現在婚姻状態(事実婚含む)にない母であり、扶養親族または生計を一にする子(前年の総所得金額等が38万円以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない場合に限る。)がいる人

(2)婚姻歴がなく、また現在婚姻状態(事実婚含む)にない父であり、生計を一にする子(前年の総所得金額等が38万円以下で、他の人の控除対象配偶者または扶養親族とされていない場合に限る。)がいて、前年の合計所得金額が500万円以下の人

(注)
児童扶養手当については、離婚した父母に代わって児童を養育しているなどの方が対象となります。
(児童扶養手当の支給対象児童の母及び父は対象となりません。)

2.申請方法

・申請書
・印鑑
・申請者及び子の戸籍全部事項証明書
・申請者及び子の属する世帯全員の住民票の写し ※行方市に住民票がある場合は不要
・申請者の所得証明書(合計所得金額が分かるもの) ※マイナンバーの情報連携で確認できる場合は不要
・生計を一にする子の所得証明書(総所得金額等が分かるもの) ※生計を一にする子が、申請者の扶養親族である場合は不要

3.申請先

玉造庁舎 こども福祉課 児童手当・児童扶養手当担当までご提出ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはこども福祉課 児童福祉グループです。

玉造庁舎 1階 〒311-3512 行方市玉造甲404

電話番号:0299-55-0111 ファックス番号:0299-36-2610

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

行方市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2018年8月9日
スマートフォン用ページで見る