1. トップページ
  2. まちの話題
  3. 平成28年
  4. 平成28年8月
  5. ドイツ団11名を受け入れました ー第43回日独スポーツ少年団同時交流ー

まちの話題

ドイツ団11名を受け入れました ー第43回日独スポーツ少年団同時交流ー

「日独スポーツ少年団同時交流」は、公益財団法人日本体育協会日本スポーツ少年団とドイツスポーツユーゲントとの交流協定に基づいて、1974年(昭和49年)から行われている青少年の国際交流事業です。

日独両国間の夏休み期間中に、スポーツ活動を中心として、民泊(ホームステイ)を取り入れたグループパートナー方式で相互の文化・生活・習慣を実際に体験する国際交流となっています。

本年度は、全体で122名が7月24日(日)に来日し、東京都内での全体プログラム後、各地方に分散して交流プログラムを実施しました。

行方市には、ドイツのヘッセン州より11名の団員が8月2日(火)から7日(日)まで5泊6日の日程で滞在し、スポーツ交流や文化体験、高校生とのディスカッション、なめがたファーマーズヴィレッジの見学などを行いました。

 

8月2日 歓迎レセプション

『『『『『ドイツ団到着』の画像』の画像』の画像』の画像』の画像  『歓迎レセプションドイツ団紹介』の画像

『歓迎レセプション市長あいさつ』の画像  『歓迎レセプション乾杯』の画像

8月2日(火)の午後、第1訪問県である埼玉県坂戸市より、ドイツ団が行方市にやってきました。「なめりーミコット」も一緒にお出迎えをしました。

北浦公民館において、ホストファミリーも含めた歓迎レセプションを開催しました。初めは少し緊張した面持ちでしたが、時間が経つにつれて少しずつ打ち解けた様子で、終始和やかなムードで進んでいました。

閉会後、各団員はホストファミリー宅へ向かいました。

8月3日 施設見学・体験

『鹿島神宮集合写真』の画像  『鹿島神宮にて』の画像

『トマト収穫体験』の画像  『スイートポテト作り』の画像

2日目。初日にホストファミリーと打ち解けていたので、朝明るい表情で集合しました。また歓迎レセプション時にプレゼントしたなめりーミコットのポロシャツを全員で着用してくれました。

午前中は鹿島神宮へ行き、鹿嶋ふるさとガイドの方々に案内していただき、日本の神道について学びました。伝説や自然のパワーについて話を聞き、驚いている様子でした。

午後からは、なめがたファーマズヴィレッジへ。レストランで昼食をとった後、トマト収穫体験を行いました。いろいろな品種のトマトに驚き、たくさん収穫する姿がみられました。続いてやきいもミュージアムを見学、スイートポテト作りも行いました。さつまいもの保存方法から加工方法まで興味津々でした。

8月4日 市内見学&スポーツ交流・テーマディスカッション

『金魚すくい』の画像  『ふれあいランド見学』の画像

『大場家見学』の画像  『『武道見学体験集合写真』の画像』の画像

『『空手道体験』の画像』の画像  『テーマディスカッション集合写真』の画像

3日目。

午前中は、まず金魚すくい体験を行いました。みんな初めてでしたがとても上手で店主も驚いていました。次に、ふれあいランド見学。上空60メートルからみる日本ののどかな風景を楽しんでいました。その後、大場家郷士屋敷にて見学を行いました。400年以上続く日本の建造物に興味津々でした。 

午後は、北浦体育館にて、武道見学体験。柔道・空手道・居合道・剣道の上段者の迫力ある技や的確な指導にわくわくする姿がみられました。実際に体験もしました。

続いて行方市高校生会、麻生高校女子ハンドボール部との交流。初めに、ソフトバレーボールを行い、汗を流しました。次に「フェアプレー」をテーマにディスカッションをしました。国ごとに常識や考えが異なり、その違いを話し合いました。また終わりには高校生とも打ち解けダンスなどを踊り笑顔で解散しました。

また、8月4日は、通訳のマライさんの誕生日でした!団長がサプライズでケーキを用意し、みんなでお祝いをしました。

8月5日 坐禅体験・ビーチハンドボール体験

『坐禅体験』の画像  『一閑寺の前で』の画像

『『ビーチハンド体験』の画像』の画像  『ビーチハンド集合写真』の画像

4日目。

午前中は、一閑寺で坐禅体験を行いました。10分程度、集中力を切らさずに無心になっていました。自分たちの宗教との違いや作法の違いにドイツ団をはじめ事務局も勉強になりました。また仏具や梵鐘を鳴らしたりと貴重な体験もできました。

午後からは、麻生高校ハンドボール部協力の下、天王崎公園砂浜にてビーチハンドボール体験。
同年代との交流で打ち解けるのに時間がかかりませんでした。スポーツを通じてより仲がよくなっていたので、スポーツによって育まれるものの大切さを肌で感じることができました。

8月6日 お別れパーティー

『お別れパーティーにて』の画像  『お別れパーティープレゼント』の画像

『お別れパーティー乾杯』の画像  『お別れパーティー集合写真』の画像

5日目は、ホストファミリーの日。各ホストファミリーで海や水族館などへ行って楽しい時間を過ごしたようです。

そして、夜はお別れパーティー。
ホストファミリーのみなさんから、滞在中のいろいろな思い出話を聞くことができました。
どこの家庭も初めは不安が大きかったようですが、受け入れてよかった!という声が多く聞かれました。

8月7日 茶道体験

『茶道体験』の画像  『茶道体験2』の画像

『茶道体験集合写真』の画像  『一葉亭にて昼食』の画像

最終日。

午前中、荒張茶道教室にて着付け、茶道体験を行いました。日本の歴史や道具、作法すべてが本格的で全員が興味津々でした。終わりに着用した着物をプレゼントしていただき大喜びする姿が印象的でした。

昼食は、一葉亭にて、そばとうどんを食しました。相変わらず箸の使い方が上手で麺類も難なく食べていました。

これで行方市での全日程を終え、午後から石岡駅より東京へ向かいました。

 

 

ドイツ団のみなさん、かけがえのない時間をありがとうございました。

ホストファミリーの皆様、本当にご協力ありがとうございました。

今回、本事業に関わってくださったすべての皆様へ感謝申し上げます。

Danke schön.(ダンケ シェーン)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課 スポーツ推進室です。

〒311-1792 行方市山田2564-10

電話番号:0291-35-2111 ファックス番号:0291-35-1785

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

行方市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2016年8月26日
スマートフォン用ページで見る