1. トップページ
  2. まちの話題
  3. 平成27年
  4. 平成27年6月
  5. 行方市出身の若手作家 額賀澪さんが「松本清張賞」と「小学館文庫小説賞」を受賞

まちの話題

行方市出身の若手作家 額賀澪さんが「松本清張賞」と「小学館文庫小説賞」を受賞

 『額賀さんと市長』の画像

行方市(旧麻生町)出身の若手作家 額賀澪さんが、この度「第22回松本清張賞」と「第16回小学館文庫小説賞」をダブル受賞されました。
松本清張賞受賞作「ウインドノーツ」は、ご自身の出身校である麻生第一中学校吹奏楽部での活動がベースとなった青春小説です。懸命に部活に打ち込む少女と少年の奮闘の姿が爽やかに描かれています。

現在は都内の広告代理店に勤務しながら執筆を続けている額賀さんが、5月23日、東京スカイツリータウン®に市長を訪ね、受賞に対する思いやこれからの抱負などを話してくださいました。
「私の中の行方の風景として、心地よい霞ヶ浦と北浦からの湖の風、空には抜けるような青空と、そこを飛んでいく航空自衛隊の飛行機の様子が清々しいイメージとして残っています。大学時代の恩師から『茨城を舞台に小説を書くと良い』とのアドバイスで、受賞作である2作品ができました。今後も、自分が生活する中で感じたことを物語にしていくと思います」と額賀さん。

「ウインドノーツ」は「屋上のウインドノーツ」と改題され、小学館文庫小説賞受賞作「ヒトリコ」と共に、6月26日に刊行されました。

 

 

 

 

 

『屋上のウインドノーツ&ヒトリコ』の画像

 松本清張賞受賞「屋上のウインドノーツ」と小学館文庫小説賞受賞「ヒトリコ」。
6月26日に刊行されました。

 

『額賀さんと市長の対談』の画像

 

   

 受賞に対する思いやこれからの抱負など、お話していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは情報政策課です。

行方市役所 麻生庁舎 情報交流センター 〒311-3892 行方市麻生1561-9

電話番号:0299-72-0811(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2015年6月26日
スマートフォン用ページで見る