1. トップページ
  2. 小高山不動院 木造不動明王坐像(市指定有形文化財)

小高山不動院 木造不動明王坐像(市指定有形文化財)

小高山不動院 木造不動明王坐像(市指定有形文化財)

小高山不動院 不動明王坐像

種類:彫刻

指定年月日:平成17721

所在地:行方市小高1280 小高山不動院

 

 「不動尊縁起」によると、この不動明王像は小高殿の守り本尊。大永年中(15211527)字中城に城を構えた小高繁森殿の実子、小高太郎行方刑部少輔貞久殿の時代に、京都の東本願寺より不動尊の御姿を移し参らせて勧請しました。いわゆる小高殿42歳の厄払い、守り本尊として城内より東方に位置する鍛城久保(カジヤ久保)というところに荘厳なる御堂を建立して、この不動尊を安置しました。この不動尊は、親鸞上人自作の尊像と伝えられています。

 像高は、41.5センチメートル。寄木造り。玉眼(欠落して破損しており、右眼のみ残っている)。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課 文化・社会教育グループです。

〒311-1792 行方市山田2564-10

電話番号:0291-35-2111 ファックス番号:0291-35-1785

メールでのお問い合わせはこちら
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2014年2月19日
スマートフォン用ページで見る