1. トップページ
  2. 萬福寺 金剛力士 阿形 吽形(市指定有形文化財)

萬福寺 金剛力士 阿形 吽形(市指定有形文化財)

萬福寺 金剛力士 阿形 吽形(市指定有形文化財)

 

萬福寺 仁王像 吽形 万福寺 仁王像 阿形

 

種類:彫刻

指定年月日:平成23526

所在地:行方市羽生745 萬福寺

 

 県の指定文化財である萬福寺の仁王門に納めた二躯の仁王像は、上半身裸形で筋骨隆々とし、怒りの表情を顕わにした阿形(あぎょう)像と怒りを内に秘めた表情の吽形(うんぎょう)像です。本尊守護の役として仏敵が入り込まないよう両眼を見開き、片足を踏み出して台座に立っている姿は、大変迫力があります。二躯とも、三山髻(さんざんけい)を結い、髻紐を結んでいます。ヒノキ材、寄木造り、目は玉眼、錆漆下地で肉親部は朱漆塗り仕上げ、裳裾(もすそ)は色彩仕上げとなっています。

 

 平成209月から平成229月までの修理により、吽形像左腕取り付け接合面に墨書銘が見られ、江戸時代中期、享保8年(1723年)の造像が確認されました。同時に、左腕の再興銘により明和3年(1766年)に再興されたことが判明しています。仏師名(大仏師□慶□)と造像年が確認できた貴重な仏像です。

 

阿形本体

 総高 2.7メートル

 像高 2.42メートル

 面幅 21.7センチメートル

 面奥 29.7センチメートル

 

吽形本体

 総高 2.7メートル

 像高 2.5メートル

 面幅 22.8センチメートル

 面奥 34.5センチメートル

 

 

 

 

 萬福寺 仁王門

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課 文化・社会教育グループです。

〒311-1792 行方市山田2564-10

電話番号:0291-35-2111 ファックス番号:0291-35-1785

メールでのお問い合わせはこちら
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2014年1月28日
スマートフォン用ページで見る