1. トップページ
  2. 萬福寺 木造阿弥陀如来立像(市指定有形文化財)

萬福寺 木造阿弥陀如来立像(市指定有形文化財)

萬福寺 木造阿弥陀如来立像(市指定有形文化財)

萬福寺 木造阿弥陀如来立像

種類:彫刻

指定年月日:平成15811

所在地:行方市羽生745 萬福寺

 

 萬福寺の本尊であり、本堂に安置されています。来迎印(らいごういん)を結び蓮華座(れんげざ)上に立つほぼ三尺の阿弥陀如来像です。

 本像は、大粒の螺髪(らほつ)をあらわし、肉髻(にっけい)は低く、地髪の鉢が張り、髪際が中央でややさがる表現や、強い現実的な顔立ち、偏衫(へんさん)に衲衣(のうえ)をまとう衣文(えもん)の太くかつ動きをもった襞(ひだ)の彫り口や左肩に大きく折り返される衣端の表現など、鎌倉時代後半の作風を示しています。

 割矧(わりはぎ)造り。玉眼。像高84.9センチメートル。

 

割矧造りとは・・・一木造りの製作工程の途中で、用材を二分割し、内部を大きく削り取ってから合わせ、造像する技法。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課 文化・社会教育グループです。

〒311-1792 行方市山田2564-10

電話番号:0291-35-2111 ファックス番号:0291-35-1785

メールでのお問い合わせはこちら
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2013年11月29日
スマートフォン用ページで見る