1. トップページ
  2. 花蔵院 阿弥陀如来及び両脇侍像(市指定有形文化財)

花蔵院 阿弥陀如来及び両脇侍像(市指定有形文化財)

花蔵院 阿弥陀如来及び両脇侍像(市指定有形文化財)

花蔵院 阿弥陀如来及び両脇侍像

種類:彫刻

指定年月日:昭和59929

所在地:行方市根小屋545-6 花蔵院(けぞういん)

 

 花蔵院は、天台宗寿福寺の末寺として、承応2年(1653年)2月舜祐上人によって開基創立されました。天保4年(1833年)に倒壊しましたが、文久元年(1861年)に再建されました。その後も何度か改修されているものの、昭和22年には無住寺となっています。当時の本尊は不動明王でしたが、現在は阿弥陀如来が本尊となっています。

 

阿弥陀如来は像高36.9センチメートル。両脇侍像の像高は、観音菩薩30.8センチメートル、勢至菩薩26.1センチメートル。阿弥陀如来、両脇侍像ともにヒノキ材寄木造り。彩色。玉眼入り。室町時代(戦国期)の作。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課 文化・社会教育グループです。

〒311-1792 行方市山田2564-10

電話番号:0291-35-2111 ファックス番号:0291-35-1785

メールでのお問い合わせはこちら
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2013年11月28日
スマートフォン用ページで見る