1. トップページ
  2. 一乗寺 木造釈迦如来坐像(市指定有形文化財)

一乗寺 木造釈迦如来坐像(市指定有形文化財)

一乗寺 木造釈迦如来坐像(市指定有形文化財)

一乗寺 木造釈迦如来坐像

  

種類:彫刻

指定年月日:平成17721

所在地:行方市富田264 一乗寺

 

 かつて、この地方には、延寿院(えんじゅいん)、多宝院(たほういん)、観照院(かんしょういん)という天台宗の寺が三つありました。元禄12年(1699年)水戸藩主徳川光圀は、この三か寺を廃して延寿院跡に一寺を建立、無二亦山(むにやくさん)一乗寺とし、築地妙光寺二十一世の日考上人(にっこうしょうにん)を迎えて初祖としました。

 

 この木造釈迦如来坐像は、像高54.2センチメートル。南北朝~室町時代の作。寄木造り。漆箔。玉眼。像背面に「常州行方郡□□□山一人南無妙蓮華経□□□□」という墨書があります。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課 文化・社会教育グループです。

〒311-1792 行方市山田2564-10

電話番号:0291-35-2111 ファックス番号:0291-35-1785

メールでのお問い合わせはこちら
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2013年11月19日
スマートフォン用ページで見る