1. トップページ
  2. まちの話題
  3. 平成25年
  4. 平成25年4月
  5. 4月18日 閉校を記念してみかんの苗木を植樹-玉川小全校児童-

まちの話題

4月18日 閉校を記念してみかんの苗木を植樹-玉川小全校児童-

玉川小閉校記念みかんの苗木を全校児童で植樹1

 

 

来年3月に閉校を迎える玉川小学校の全校児童98名が、学校近くの遊休農地にみかんやグレープフルーツ、レモンなどの苗木約100本を植えました。

この遊休農地は、長期間にわたって耕作放棄地になっており、地元の久保前みかんの里作り会(関野謙一代表)が今年に入ってから除草作業を行うとともに、苗木の準備をすすめてきました。

関野代表は、「玉川小の閉校で地元の方々が暗くなった印象を受ける。玉川地区の明るさをみかんに託したい」と話していました。

みかんは、3年ほどで実を付けるとのことで、参加した1年生の児童は「みかんの木が大きくなったら友達と一緒にとりにきます」と夢を膨らませていました。

今回の記念事業は、国や県などの補助事業を活用しています。

 
みんなでみかんの苗木を植えました

 

地元の方と一緒に植えました 

  苗木の植え方を手取り足取り指導を受けました

地元の「久保前みかんの里作り会」の皆さんの指導のもと、1本1本丁寧に苗木を植えました

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農林水産課 農業政策グループです。

行方市役所 北浦庁舎 1階 〒311-1792 行方市山田2564-10

電話番号:0291-35-2111

メールでのお問い合わせはこちら
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2013年4月26日
スマートフォン用ページで見る