1. トップページ
  2. 六十六部(念心・圓心)納経受納証(市指定有形文化財)

六十六部(念心・圓心)納経受納証(市指定有形文化財)

六十六部(念心・圓心)納経受納証(市指定有形文化財)

六十六部納経受納証

種類:書跡

指定年月日:平成21119

所在地:行方市白浜260 成光寺(じょうこうじ)

 

 成光寺は、元は天正元年(1573年)鍵清(けんせい)和尚によって開かれた満成寺であったが、明治42年(1909年)同じ白浜にあった西光寺と合併して現在の寺名になりました。

六十六部とは、自己と他人の罪を滅するため、全国六十六か所の霊場に書写した法華経を納めてまわる行脚僧のことを言います。

これは、念心・圓心が享保16年(1731年)4月から元文2年(1737年)4月の期間に、全国66か国2島のうち、佐渡、志摩、壱岐、対馬を除く64か国の一の宮または国分寺等326の神社仏閣に自ら書写した大乗妙典(だいじょうみょうてん)を納経したときの受納証です。大乗妙典とは、私たち衆生を迷いから悟りの世界へ導いてくれる教典で、一般的には法華経のことをさします。

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課 文化・社会教育グループです。

〒311-1792 行方市山田2564-10

電話番号:0291-35-2111 ファックス番号:0291-35-1785

メールでのお問い合わせはこちら
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2013年4月19日
スマートフォン用ページで見る