1. トップページ
  2. まちの話題
  3. 平成25年
  4. 平成25年3月
  5. 3月10日 古代の行方を風土記の世界から学ぼう-風土記1300年記念事業-

まちの話題

3月10日 古代の行方を風土記の世界から学ぼう-風土記1300年記念事業-

千葉隆司さん 

 

北浦公民館を会場に『常陸国風土記』をとおして古代の行方地方と大和政権との関係や水文化について学ぶ集会が開催されました。

この学習会は市が地域文化を生かした活力あるまちづくりをテーマに開催したもので、考古学的アプローチから風土記を研究する、かすみがうら市立郷土資料館学芸員の千葉隆司さんを招いて「『常陸国風土記』に見る大和政権と地方の民たち」を演題に、天皇一族や聖徳太子と行方市・茨城県地方の関係及び大和政権が水利能力に秀でて地方支配をしていった姿等について詳細な指導がありました。

参加者からは、三昧塚古墳の被葬者に対する考え方や聖徳太子の存在と様々な事業実践の在り方などについて質問がありました。

 

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは情報政策課です。

行方市役所 麻生庁舎 情報交流センター 〒311-3892 行方市麻生1561-9

電話番号:0299-72-0811(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2015年4月10日
スマートフォン用ページで見る