1. トップページ
  2. 萬福寺 阿弥陀堂(県指定有形文化財)

萬福寺 阿弥陀堂(県指定有形文化財)

萬福寺 阿弥陀堂(県指定有形文化財)

万福寺 阿弥陀堂

種類:建造物

指定年月日:昭和45928

所在地:行方市羽生745 萬福寺

 

 この御堂は、阿弥陀如来立像と両脇侍像を納めた厨子を安置しており、唐和様折衷形式で、廟建築を加味した珍しい建物です。

三間四方の寄せ棟造り、四手先萱葺きで念仏三昧を修める常行堂様式に造られています。内部の格天井鏡板には三頭の龍の図が色彩で描かれており、寄進銘に「貞亭四年(1687年)芹沢氏高幹」とあります。高幹は、芹沢氏7代目で水戸徳川家に200石で仕えています。

元禄11年(1698年)水戸藩の宗教政策により、萬福寺は芹沢から羽生に移されました。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課 文化・社会教育グループです。

〒311-1792 行方市山田2564-10

電話番号:0291-35-2111 ファックス番号:0291-35-1785

メールでのお問い合わせはこちら
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2013年6月21日
スマートフォン用ページで見る