くらし・手続き

戸別浄化槽整備事業

戸別浄化槽整備事業とは・・・

従来、浄化槽は個人において設置・維持管理を行っていただくものですが、本事業は市民の皆さんに代わって、市が浄化槽の設置・維持管理を行い、適正な生活環境の保全と公衆衛生の向上を図るものです。

この事業を利用される場合は、浄化槽工事費用の一部を負担していただく加入分担金と、設置後に市が行う維持管理費用を毎月の使用料として納付していただくことになります。

 

対象地域・対象者

麻生・玉造地区の公共下水道認可区域及び農業集落排水事業区域を除く市内全域となります。

事業区域内において、現に使用している住宅の所有者、又は建築中もしくは建築しようとする建築主の方を対象とします。

※対象地域の詳細については、下水道課までご相談ください。

 

加入分担金

住宅延床面積 浄化槽の大きさ 分担金
140m2未満  5人槽 110,000円
140m2以上  7人槽 140,000円
2世帯住宅 10人槽 190,000円

設置場所の確保について

浄化槽設置工事にあたり、下記のとおり掘削幅スペースの確保が必要となり、本体は建物の基礎終点から約2メートル離しての設置となります。また、掘削場所のほかに工事車両・使用機械が入る進入路も必要となります。新築等で進入路が確保できない場所は、浄化槽工事を先行して工事させていただく場合もありますので、工程スケジュールの変更について、ご理解ご協力をお願いします。

浄化槽の大きさ 掘削幅(mm)
5人槽 2,250×3,250
7人槽 2,500×3,500
10人槽 2,750×4,000

 

使用料月額 (消費税別)

5人槽 3,800円
7人槽 4,000円
10人槽 5,100円

 

浄化槽規格

140m2未満 5人槽
140m2以上 7人槽
2世帯住宅 10人槽

浄化槽の大きさは、上の表のとおり住宅の延床面積により決定されます。

浄化槽の種類は、窒素・りん除去(NP型)高度処理型浄化槽(BOD10ミリグラム/リットル以下、窒素10ミリグラム/リットル以下、リン1ミリグラム/リットル以下)となります。

 

行方市単独処理浄化槽撤去等補助制度

市設置型合併処理浄化槽を設置する方で単独処理浄化槽を撤去する場合、単独処理浄化槽の撤去費及び市設置型合併処理浄化槽に接続する配管工事費に対する補助制度があります。(ただし、確認申請を伴う新築・改築は除く。)

撤去費 配管工事費 合計
上限9万円 上限6万円 上限15万円

 

設置希望の方は・・・

(1)申請書に必要事項を記入のうえ、玉造庁舎・下水道課へ提出してください。

  ※申請用紙は下記よりダウンロードできます。

  ※申請受付は年内までとさせていただきます。

(2)申請は、原則として設置希望時期の2ヶ月前までに行ってください。

  ※現地確認等を行い、設置の可否を判断いたします。

    ただし、設置希望時期が4月~5月上旬になる場合は事前にご相談ください。

(3)浄化槽の設置数には制限がありますので、お早めのご検討をお勧めします。

(4)申請の手続きや不明な点がある場合は、下水道課窓口あるいはお電話でご相談ください。 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは下水道課です。

行方市役所 玉造庁舎 2階 〒311-3512 行方市玉造甲404

電話番号:0299-55-0111

メールでのお問い合わせはこちら
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2019年4月10日
スマートフォン用ページで見る