1. トップページ
  2. まちの話題
  3. 平成23年
  4. 平成23年1月
  5. 1月22日 地域も協力!どんど焼き~要小学校正月お楽しみ会~

まちの話題

1月22日 地域も協力!どんど焼き~要小学校正月お楽しみ会~

地域の高齢者とのふれあいを目的とした要小学校(原英夫校長)の恒例行事、第35回正月お楽しみ会が開催されました。

餅つきやメッセージを記した風船とばし、御輿や昔ながらのどんど焼きなど、盛りだくさんの内容でした。

原校長は、「保護者や地域の協力により盛大に開催できました。高齢者の方も楽しみにしてくれていますので、これからも続けていきたい」と話していました。

保護者や地元消防団も参加して、世代間交流を深めることができたようです。


メッセージ入りの風船を一斉に飛ばしました

思い思いに書いたメッセージ入りの風船を一斉に飛ばしました。

皆さんのお近くに飛んできましたら、メッセージをご覧になってください。

お返事を出していただければ児童たちも喜びます。

 

 

 

 

男子児童による御輿担ぎ    女子児童による御輿担ぎ
児童が男女に分かれて御輿を担ぎ、校庭を1周しました。

 

クライマックスのどんど焼き


クライマックスのどんど焼き

今年も音を立てながら激しく燃えました。地域の五穀豊穣と無病息災を参加者全員で祈りました。

 

 

 

 

 

延焼を防ぐため放水作業をする行方北部消防署と地元消防団



近隣への延焼を防ぐため、行方消防署や行戸、小幡、高岡の各消防団が放水作業を行いました。

 

 

 

 

「どんど焼き」のいわれ

 正月の15日前後を「小正月」といい、昔から農作物の豊作などを願って行われる行事で「どんど焼き」といわれる火祭りです。
 この地域では、「わあほい」または「鳥追い」などと呼ばれています。「どんど焼きの火にあたると、病気にならない。正月の書き初めを燃やし、書き初めが高く燃え上がると字が上手になる」という意味があるそうです。
  

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは情報政策課です。

行方市役所 麻生庁舎 情報交流センター 〒311-3892 行方市麻生1561-9

電話番号:0299-72-0811(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2011年1月25日
スマートフォン用ページで見る