1. トップページ
  2. 西蓮寺 仁王門 (国指定重要文化財)

西蓮寺 仁王門 (国指定重要文化財)

西蓮寺 仁王門 (国指定重要文化財)

西蓮寺仁王門

種類:建造物

指定年月日:昭和25829

所在地:行方市西蓮寺504 西蓮寺

 

天台宗の西蓮寺は、延暦元年(782年)に創建と伝えられる古刹で、数多くの文化財を持っています。

この仁王門は、室町末期の天文12(1543)に建立されたもので、もとは三間一戸の楼門(二階建)でした。天正4(1576)の修理後、寛政年間(17891801)に楼門の二階部分を取り壊して山門(一階建)となり、その後、安政7(1860)に現在地に移築され、仁王門に改められました。

三間一戸楼門の一階だけが残されたもので、蟇股(かえるまた)と蓑束(みのつか)の形が特異で室町時代末期特有の地方色をみることができます。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課 文化・社会教育グループです。

〒311-1792 行方市山田2564-10

電話番号:0291-35-2111 ファックス番号:0291-35-1785

メールでのお問い合わせはこちら
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2013年7月3日
スマートフォン用ページで見る