くらし・手続きのお知らせ

熱中症に注意

連日、記録的な猛暑になっており 、熱中症による健康被害が多発し ております 。
熱中症は、体から水分や塩分などが失われ、体温調節機能のバランスが崩れて、体温上昇、めまい、体がだるい、ひどいときにはけいれんや意識の異常などを発症します。
正しい知識を身に着け、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

予防のためには

熱中症の予防には、「水分補給」と「暑さをさけること」が大切です
無理な節電はせず、適度にエアコンを使用しましょう

水分・塩分補給

・こまめな水分・塩分補給
 のどの渇きを感じなくても、こまめに水分を補給しましょう
 高齢者はのどの渇きに対する感覚が鈍くなるため、積極的に水分を補給しましょう

熱中症になりにくい室内環境

・扇風機やエアコンを使った温度調整
・室温が上がりにくい環境の確保

体調に合わせた取り組み

・暑いときは無理しないでこまめに休憩をいれましょう
・睡眠不足、体調不良は危険が増すので注意しましょう
・保冷剤、氷、冷たいタオルなどで適宜体を冷やしましょう

外出時の準備

・日傘や帽子の着用
・日陰の利用、こまめな休憩
・通気性の良い吸湿・速乾の衣服の着用

熱中症になってしまったら

1.涼しい場所に避難させる
 ・風通しの良い日陰、できればクーラーが効いている室内へ避難しましょう

2.衣服を脱がせ、身体を冷やす
 ・衣服を脱がせて体からの熱の放散を助けましょう
 ・露出させた皮膚に、水をかけたりうちわであおいで体を冷やしましょう

3.水分・塩分を補給する
 ・応答がはっきりしていて、意識が明瞭な時は水分を与えましょう
 ・できるだけ冷たい水を与えましょう

4.医療機関へ搬送する
 ・めまい、失神、頭痛、気分不快、吐き気、意識障害、けいれん、手足の運動機能障害、高温等の症状の重いときは、直ちに救急車を呼び病院へ搬送しましょう

環境省熱中症予防サイト

環境省のウェブサイトでは、熱中症のかかりやすさをしめす「WBGT」を公表しています。これらの情報を随時確認し熱中症にかからないようにしましょう

熱中症予防サイト http://www.wbgt.env.go.jp/

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課 総務グループです。

行方市北浦保健センター内 〒311-1704 行方市山田3282-10

電話番号:0291-34-6200

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

行方市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2018年7月31日
スマートフォン用ページで見る