1. トップページ
  2. まちの話題
  3. 平成29年
  4. 平成29年4月
  5. オーストラリアの教育関係者が行方市の小中学校を視察訪問しました

まちの話題

オーストラリアの教育関係者が行方市の小中学校を視察訪問しました

オーストラリア・ビクトリア州にある2つの州立学校の先生方が行方市へ来訪されました。

北浦小学校と昨年度からスカイプ(インターネット電話)を使って定期的に実施しているドロマーナ小学校のブルース校長や教員たち7人が北浦小学校を訪問しました。各教室では、児童と一緒に折り紙で鶴を作ったり、琴で「さくらさくら」を演奏しました。また、習字の体験では、慣れない手つきではありましたが、力強い漢字を書きあげていました。そして、給食の時間には、児童と机を並べて一緒に食べました。ブルース校長は、「近い将来、是非日本にドロマーナ小学校の児童を連れてきたい」と話していました。

4月9日から13日まで滞在し、期間中には、北浦小学校の他、市内小中学校やなめがたファーマーズヴィレッジ、霞ヶ浦ふれあいランド、西蓮寺、大塲家住宅、いちごハウスなどを見学し、行方市の歴史文化や産業に触れるとともに、行方市の魅力を肌で感じていただきました。

『ドロマーナ(3)』の画像                    『ドロマーナ(1)』の画像

『ドロマーナ(2)』の画像                    『ドロマーナ(5)』の画像

『ドロマーナ(15)』の画像                    『ドロマーナ(7)』の画像

『ドロマーナ(4)』の画像                    『ドロマーナ(10)』の画像

『ドロマーナ(9)』の画像                    『ドロマーナ(12)』の画像

また、4月11日には、本年度中学生海外派遣研修事業で訪問する予定のウィンダムセントラルカレッジの先生方10名が行方市を来訪し、行方市の学校施設や日本の学校の授業風景、部活動を視察しました。訪問した麻生中学校では、全校生徒の合唱で歓迎しました。学校を視察している中で、オーストラリアと日本の学校の施設や授業の仕方の違いに驚いていました。同校とは、インターネット等を使って、日常からお互いに交流を行っていく予定です。

『ウィンダム(1)』の画像                    『ウィンダム(2)』の画像

『ウィンダム(3)』の画像                    『ウィンダム(6)』の画像

『ウィンダム(7)』の画像                    『ウィンダム(4)』の画像

今後は、海外の学校と積極的に交流を行っていくことで、市内の小中学生の国際感覚を養うとともに、国際的に活躍できる人材を育成するために、国際教育を推進していきます。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは学校教育課 学校教育推進グループです。

行方市役所 北浦庁舎 2階 〒311-1792 行方市山田2564-10

電話番号:0291-35-2111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

行方市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2017年4月28日
スマートフォン用ページで見る