1. トップページ
  2. 市政
  3. 各種計画
  4. 行方市少子化対策強化事業について

市政

行方市少子化対策強化事業について

 行方市では、国の地域少子化対策強化交付金を活用し、結婚から妊娠・出産、育児までのライフステージに夢や希望を持つことができるような、また、それを次の世代に引き継いでいけるようなまちを実現するため、子育て家庭、独身者等に寄り添った情報提供や支援体制づくりなど、一貫した切れ目のない支援を行います。


行方市少子化対策強化事業計画の概要(平成26年度予算:4,806千円)

(1)切れ目のない支援を行うための仕組みの構築

★「わくわく子育て夢プラン」の策定【既存事業】
 保育所、幼稚園、学校、家庭、地域が連携した「子育て・子育ち環境づくり」や、青少年の健全育成事業・思春期の保健対策などの計画を策定する。

★子ども子育て会議【既存事業】
 「子ども・子育て支援法」に基づき、子ども・子育て支援に関する事業計画の策定などについて、子どもの保護者を含む子育て支援当事者などの意見を聴くための会議を開催する。

(2)結婚に向けた情報提供等

★独身者に対するセミナーの開催【既存事業】
 独身者を対象に、コミュニケーション力やマナーの向上、恋愛・結婚に対する意識啓発セミナーを開催する。

★地域結婚結婚支援者等育成事業(150千円)
 行方市の若者が「地域で大切に見守られている・育てられている」という思いを持ちながら、結婚から子育てを前向きに考え生きていくことを支援するため、「私たちはあなたの結婚を支援します」という共通目的のもと、若者が抱える恋愛や結婚に関する悩み等の相談に対応できる「地域ボランティア(『大好きなめがた チームOSK(お節介の略)』)」等を育成する。

★独身者の親等への意識啓発事業(100千円)
 現在の結婚事情や若者が抱える悩みや思いなどを知る機会として、独身者を持つ親等に対するセミナーを開催し、家庭から結婚を支援できるようにする。

★結婚活動コンテンツ製作事業(1,024千円)
 地域の若者が抱える「婚活」に係る諸問題を解決するため、結婚を取り巻く状況や結婚後のライフステージに関する情報提供を行い、若者が結婚について前向きに考えることができるようにする。

 

(3)妊娠・出産に関する情報提供

★妊産婦健康相談事業【既存事業】
 妊娠中における相談を行う。
 
★マタニティスクール【既存事業】
 妊娠中の栄養、出産の準備・心構え、パパの妊婦疑似体験、妊婦体操など健康な母体を、友だちづくりをしながら学ぶ。

★不妊に対する相談【既存事業】
 不妊治療の助成をはじめとする相談を行う。

★妊婦委託検診【既存事業】
 妊産婦が定期的な検診を受診できるようにするため、医療機関に委託している。

★乳児委託検診【既存事業】
 乳児が生後1か月検診を受診できるようにするため、医療機関に委託している。

★新生児訪問事業【既存事業】
 新生児がいる家庭を保健師が訪問し、体重測定や育児相談を行う。

★こんにちは赤ちゃん相談
 新生児訪問後、保健センターにて育児相談・指導などを行う

 

(4)結婚・妊娠・出産・育児をしやすい地域づくりに向けた環境整備

★子育て支援総合ガイドマップ作成事業(3,406千円)
 当市内にあるさまざまな子育て支援情報をリーフレットやWeb、スマートフォンアプリに一元化することで、子育て家庭が必要な情報を適切な形で即時収集できる環境を整備する。

『家族だんらん』の画像

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは政策秘書課です。

行方市役所 麻生庁舎 2階 〒311-3892 行方市麻生1561-9

電話番号:0299-72-0811(代表)

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

行方市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2015年4月10日
スマートフォン用ページで見る