1. トップページ
  2. くらし・手続きのお知らせ
  3. 新築や改築などを行う際にはご注意ください

くらし・手続きのお知らせ

新築や改築などを行う際にはご注意ください

【建築物を建てる敷地が4m未満の道路に接する場合】

 建築物(建物・門・塀など)を建てる敷地は,日常の交通はもとより,災害時の避難・緊急車両の通行のため,幅員4m以上の道路に接していなければなりません。

 ただし,都市計画区域に指定された時点よりも前に建築物が立ち並んでいる道路は,幅員が4m未満(ただし,1.8m以上は絶対必要)であっても,建築の際に幅員4mを確保できるように道路境界を敷地側に後退させれば,建築物を建てることができます。これを『セットバック』と言います。(関連ファイルのイメージ図を参照してください)

 また,道路境界を後退させる際には,道路幅員が4m確保できるようにするため,既存の塀や擁壁を撤去・後退させる必要があります。

 火災,自然災害,急病など,何かあったときに「あのとき道路を広げておけば…」ということにならないために,そして安全で安心して快適に暮らせる住環境をつくるため,みんなでこの決まりを守りましょう。


※ 都市計画区域に指定された時点とは
  :旧麻生町…昭和49年10月31日
  :旧北浦町…平成 3年 6月 1日
  :旧玉造町…平成 4年 9月 1日


 問合せ  
  行方市役所 都市建設課
  TEL:0299-55-0111
  鹿行県民センター 建築指導課
  TEL:0291-33-4113

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは都市建設課 都市計画グループです。

行方市役所 玉造庁舎 2階 〒311-3512 行方市玉造甲404

電話番号:0299-55-0111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

行方市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2014年9月2日
スマートフォン用ページで見る