1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 市民活動支援
  4. 宝くじによるコミュニティ助成事業

くらし・手続き

宝くじによるコミュニティ助成事業

宝くじによるコミュニティ助成事業について

 

1.概要

 財団法人自治総合センターでは、宝くじの受託事業収入を財源として、コミュニティ組織などが行う事業やコミュニティ活動に必要な施設または設備整備などに対して助成事業を実施していますのでご活用してください。

 

2.助成事業の種類

(1)一般コミュニティ助成事業

助成額:100万円~250万円

 コミュニティ活動に直接必要な施設又は設備の整備事業に要する経費。ただし、建築物、消耗品は対象外とする。

 

(2)コミュニティセンター助成事業

助成額:対象となる総事業費の5分の3以内で1,500万円を上限。

 コミュニティ活動推進のために必要な施設の建設又は修繕に要する経費とその施設に必要とされる備品(一般コミュニティ助成事業との併用は不可)ただし、土地の取得、既存施設の購入、既存施設の撤去・処理、外溝に要する経費は対象外とする。

 

(3)自主防災組織育成助成事業

助成額:30万円~200万円(事業内容及び組織によって異なります)

 自主防災組織、婦人防火クラブ又はその連合体が行う地域の防災活動に必要な設備の整備に要する経費。ただし、建築物、消耗品は対象外とする。

 

(4)青少年健全育成助成事業

 助成額:30万円~100万円

  青少年の健全育成に資するため、主として親子で参加するソフト事業(スポーツ・レクレーション、文化・学習事業など)

 

(5)共生の地域づくり助成事業

 助成金額 1,000万円限度

 地域の創意工夫により、子どもや高齢者、障害者など全ての住民にやさしいまちづくりを進める先導的な事業

  

(6)地域の芸術環境づくり助成事業

 助成金額 500万円限度

 企画制作能力の向上、公立文化施設の利活用を図るための文化・芸術事業のうち「地域交流プログラム」を伴うもの

 

(7)地域国際化推進助成事業

 助成金額 200万円限度

 国際化の推進に資する活動を行う民間組織が実施する多文化共生、国際理解推進事業など 

 

(8)活力ある地域づくり助成事業

 「地域資源活用助成事業」200万円限度

 「広域連携推進助成事業」200万円限度

 「活力ある商店街づくり助成事業」1,000万円限度

  

3.助成対象団体

 コミュニティ組織(自治会・町内会など)、市町村又はコミュニティ組織の連合体、自主防災組織

※助成対象となるコミュニティ組織とは、市(区)町村が認める自治会、町内会、自主防災組織等の地域に密着して活動している団体又は連合体です。したがって、特定目的のために組織された、宗教団体、営利団体、趣味に愛好会、イベント等のために組織された団体、NPOは対象外となります。

 

4.申請について

 助成を希望される場合は、市を通して自治総合センターに申請する必要があります。市では、事業の相談を随時受け付けます。

 

※「一般コミュニティ助成事業」、「コミュニティセンター助成事業」、「青少年健全育成助成事業」については、例年、9月中に翌年の申請を行います。市報には、申し込みの受付期間が短いため、掲載することができません。

※助成する事業の採択は(財)自治総合センターが決定します。申請すれば必ず採択されるものではありませんので、予めご了承ください。

※助成制度の詳しい内容は、財団法人自治総合センターのホームページ(新規ページで開きます)をご覧下さい。

財団法人自治総合センターホームページ

    

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは政策秘書課です。

行方市役所 麻生庁舎 2階 〒311-3892 行方市麻生1561-9

電話番号:0299-72-0811(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2015年4月10日
スマートフォン用ページで見る