1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 届出・登録
  4. 外国人住民に関する制度が変わります

くらし・手続き

外国人住民に関する制度が変わります

住民基本台帳法と出入国管理に関する特例法の一部が改正されることに伴い、現在の外国人登録制度は廃止され、外国人の方も日本人と同様に住民基本台帳に記載されるようになります。(平成24年7月9日施行)

改正のポイント
* 対象は、適法に3ヶ月以上日本に在留する外国人の方です。
* 外国人登録証明証に替わり、在留カード等が交付されます。
* 在留カードの交付等は入国管理局が行います。住所地に関する届出は市町村です。
* 外国人の方も、住民票の写しが発行できるようになります。
* 他市町村に住所を移す場合は、「転出届」が必要になります。

詳しくは、総務省・法務省・行方市のホームページをご覧ください。

総務省ホームページ

「外国人住民に係る住民基本台帳制度について」 

(英語版)

(韓国・朝鮮版)

法務省ホームページ

「入管法が変わります」  

「日本に在留する外国人のみなさんへ 2012年7月 新たな在留管理制度がスタート」

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総合窓口課 市民グループです。

行方市役所 玉造庁舎(3庁舎に総合窓口があります) 〒311-3512 行方市玉造甲404

電話番号:0299-55-0111(代表)

メールでのお問い合わせはこちら
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2013年2月6日
スマートフォン用ページで見る